文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 行政分野 』 内のFAQ

2125件中 71 - 80 件を表示

8 / 213ページ
  • 地域復興支援員の活動

    地域のニーズを踏まえ、「ひとづくり」「組織づくり」「稼ぎづくり」を三位一体で展開し、地域経営やスモールビジネスなど、持続可能な中山間地域づくりのための活動を地域とともに行っていました。(公財)山の暮らし再生機構の解散(R3.3.31)に伴い、活動を終了しました。 ■このページの内容に関するお問い合わ... 詳細表示

  • LIMOについて

    LIMO(リモ)は、公益財団法人山の暮らし再生機構の通称で、「Life in Motherland」の略語です。 新潟県中越地震で被災した中山間地域の創造的復興に向けて、多様な主体の活動支援及び中山間地域が有する魅力や価値を生かした新しいまちづくりの推進に関する事業を行っていました。令和3年3月31日をもって解... 詳細表示

  • 復興祈念イベントの開催

    平成16年に発生した「7.13水害」及び「中越大震災」の発災日を中心に、復興を祈念するイベントを開催します。 7.13水害関連では、中之島地域の活動団体が中心となり、献花台の設置やキャンドル点灯などを行う予定です。中越大震災関連では、山古志地域や川口地域で活動団体が追悼事業を実施するほか、アオーレ長岡で献花台の... 詳細表示

  • アルパカ牧場の見学料

    アルパカ牧場へ行けば、無料で見ることができます。 ただし、冬期間は室内で飼育されるため見学はできません。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • アルパカの飼育効果

    可愛いアルパカは見ているだけでも癒されますが、アルパカの毛はとても品質が良いため、マフラーやぬいぐるみなどに活用されています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • アルパカの概要

    南アメリカが原産の、ラクダ科に分類される大人しい動物です。 見た目はとても愛らしく、老若男女問わず人気があります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 山古志でアルパカを飼育する理由

    アメリカのコロラド州でアルパカ牧場を経営している方から、“山古志の復興と、日米友好のシンボルとして”平成21年11月に寄贈されました。 また、暑いところが苦手なアルパカは、涼しい場所での飼育が適しているため、山古志で飼育されています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 災害メモリアル拠点の概要

    災害の記憶と教訓を正確に伝え、防災や危機管理に関する学習や研究、住民の防災意識の向上などに役立てるとともに、特徴的な被災場所を犠牲者の慰霊や防災の大切さを実感する場として、また学習・研究、さらに地域振興の施設として活用することを目的とするものです。 4つの拠点施設と3つのメモリアルパークが整備されています。 ... 詳細表示

  • きおくみらい(長岡震災アーカイブセンター)の場所

    きおくみらい(長岡震災アーカイブセンター)は、長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト2階です。 平成23年10月22日にオープンしました。 詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 中越大震災メモリアル拠点施設 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 委員会の役割

    委員会は、議案等を専門的・効率的に審査するために設置されています。各委員会は提出された議案や請願の審査を行います。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

2125件中 71 - 80 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します