文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 山古志支所 』 内のFAQ

32件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 新潟県中越大震災の痕跡(山古志地域)

    県道23号線沿線の東竹沢地内、木篭(こごも)集落には、土砂崩れにより水没した家屋を見ることができます。また、地域内の各所で土砂崩れの痕跡や復旧の様子を見ることができます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 山古志はどんなところ

    長岡市の南東部にある地域です。平成17年4月に長岡市に合併するまでは、全国的にも珍しい一郡一村の「古志郡山古志村」でした。 地域全体が山間部にあります。標高は150~700mですが豪雪地帯として知られ、積雪は例年3m位積もります。 「泳ぐ宝石」と言われる錦鯉(にしきごい)や国指定の重要無形民俗文化財である「牛... 詳細表示

  • 山古志地域の診療所の診療日

    山古志地域には内科診療所が3箇所あります。同じ医師とスタッフが曜日ごとに巡回しています。山古志診療所は水曜・金曜、虫亀診療所は火曜、種苧原診療所は木曜です。月曜日は休診となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 中山隧道

    山古志地域東竹沢の小松倉という集落にある魚沼市との境界にある隧道(トンネル)です。 昔、小松倉集落では毎年4mを超える積雪の中でも峠を越える暮らしを強いられてきました。そこで、自らの命と生活を守るためトンネルの掘削を思い立ち、昭和8年(1934)、ツルハシによる手堀で着手し16年の歳月をかけ貫通させた全長877... 詳細表示

  • 闘牛の開催日や場所

    毎年5月から11月の間、日曜日を中心に月1~2回行われます。 場所:山古志闘牛場 時間:受付開始 午前10時より 取り組みは午後1時より     (終了は午後3時30分~午後4時頃) 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 闘牛とは

    山古志は隣接する川口地域や小千谷市東山地域と共にその昔から「越後二十村郷(えちごにじゅうむらごう)」と言われていました。 「越後二十村郷」に古くから伝わる闘牛は「牛の角突き」と言われ、牛同士が角を突き合い力比べをするものです。「勢子(せこ)」と言われる綱取りたちが牛の周りを囲み、2頭の牛をけしかけたり、引き離し... 詳細表示

  • クローバーバス

    山古志地域・太田地区を運行する地域バスのことを、「クローバーバス」という愛称で呼んでいます。 自家用有償旅客運送の認可を受け、地元NPO法人が運行しています。 運賃をいただきますが、どなたでも乗車できますので御利用ください。 参考ページ NPO法人 中越防災フロンティア ■このページの内容に関するお... 詳細表示

  • 闘牛の入場料

    入場料大人2,200円(中学生以下は無料) 団体割引(20名以上)詳細は主催者にお問い合わせください。 主催:山古志闘牛会 電話0258-59-3933 FAX0258-59-3934 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 山古志地域の観光パンフレット

    市民センター、市役所、山古志支所にあります。また、ホームページからもデータをダウンロードできます。 参考ページ 山古志地域パンフレット ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 山古志支所内会議室の借り方

    貸し出しできる会議室はありませんので、隣接する山古志体育館の会議室をご利用ください。 地域振興・市民生活課(電話0258-59-2339)にお問い合わせください。 参考ページ 公共施設ガイド(山古志体育館) ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

32件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します