文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 寺泊支所 』 内のFAQ

104件中 1 - 10 件を表示

1 / 11ページ
  • 寺泊地域の観光パンフレット

    長岡市観光企画課・寺泊支所産業建設課・寺泊観光協会に設置しています。 郵送もいたします。 参考ページ 寺泊地域パンフレット ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 順動丸シャフトの概要

    慶応4年(1868)5月24日に、寺泊港外で幕府軍と薩長軍の海戦がありました。その時幕府軍の砲弾輸送の任を終え碇泊中の所、砲撃されやむなく座礁した船のシャフトです。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 船員の雇入れ(雇止め)の届出

    船長または船舶所有者が船員との間に雇用関係が生じたときは届出が必要です。この届出は雇用契約が有効に成立していることを行政機関が公に証明するものです。 届出は地方運輸局、運輸支局または船員法指定市町村で行うことができます。(長岡市では寺泊支所の住民窓口で行うことができます。) 【申請者】 船長または船舶所有者... 詳細表示

  • 寺泊~佐渡(小木)チャーター便

    平成30年度で佐渡汽船の寺泊・赤泊間の定期航路は廃止となりましたが、令和2年度は寺泊・小木間のジェットフォイルのチャーター便の運航を予定しております。なお、旅行商品としてのご利用となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 八百比丘尼の松の概要

    全国に点在する伝説で、寺泊にも同じような伝説があり、野積の旧高津家は生家と伝えられ屋敷の前庭に大切に保存されています。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 順動丸シャフトのある場所

    担当にお問い合わせください。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 北国街道

    出雲崎町から海岸線に沿っての陸路は北国街道とも北陸道ともいわれていました。北国街道は、中山道の追分宿(現長野県軽井沢町)から分岐し、信州(現長野県)野尻峠越えて越後関川宿(現妙高市)に入り、高田城下(現上越市)をへて、日本海に出ます。柏崎、椎谷(現柏崎市)を経て、出雲崎町に至ります。現在の国道18号・8号の経路と... 詳細表示

  • 寺泊地域の海岸一斉清掃

    毎年4月の中旬の日曜日にボランティアを募集して、寺泊地域の海岸を一斉清掃します。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 北前船

    江戸時代中期から明治期にかけて北海道と大阪を結ぶ西回り航路を航海、海産物などを運ぶ廻船を「北前船」といいます。近世の寺泊は、元禄期以降の商業経済の波に乗って発達した北前航路の寄港地として、また、対岸の佐渡をはじめ沿岸各湊との商品流通ルートの要港でありました。特に背後に穀倉の越後平野をひかえ、豊富な米の積出湊として... 詳細表示

  • 更正図の閲覧(寺泊地域)

    寺泊支所管内は寺泊支所産業建設課において、1件250円で閲覧できます。写しが必要な場合は、1枚250円が必要です。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

104件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します