文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 都市整備部 』 内のFAQ

86件中 31 - 40 件を表示

4 / 9ページ
  • 敷地と道路の関係(狭い道に接している家の場合)

    建築基準法では、4m以上の道路に2m以上有効に接した敷地が建築の条件となっていますが、建物が建っている敷地で道が4m未満などの場合は、建築する際に許可が必要になることもあります。道の調査などはできるだけ建築士などの専門家にご相談ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 街路の花壇に植栽したい場合

    緑花センターに内容等を相談してください。 なお、県道の場合は、県維持管理課(電話0258-38-2621/長岡地域振興局)、国道の場合は、国道事務所管理第1課(電話0258-36-4552)へ相談ください。 ※各支所地域の市道については、支所産業建設課(栃尾支所は農林・建設課)へお願いします。 参考ペー... 詳細表示

  • 街路樹・街路花壇の移転

    窓口にて内容等を相談してください。 ・樹木→都市施設整備課 ※受付日時:月~金曜日午前8時30分~午後5時15分(祝日・振替休日及び年末年始は除きます) ・花壇→緑花センター ※受付日時:月・水~日曜日午前9時~午後5時(火曜日が祝日の場合はその翌日、年末年始は除きます) なお、県道の場合は、県... 詳細表示

  • 建築確認申請の事前審査

    建築確認申請書類の事前審査は行っておりません。ただし、申請に係る法規定についての相談は随時承っております。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 住宅の耐震改修工事費の補助制度

    「長岡市木造住宅耐震改修工事費等助成金制度」があります。 ・助成対象となる者及び木造住宅は以下の全てに該当するものです。 1 耐震診断(大地震で倒壊の可能性についての診断)で上部構造評点が1.0未満であると診断されたもの。 2 市内に木造住宅を所有する者 3 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住... 詳細表示

  • 道路後退(セットバック)の際の後退用地の取扱い

    後退した部分は、将来その道が4m以上に拡幅がされた場合に備えて土地所有者が自主的に管理することとなります。なお、この部分には門、塀など通行に支障となるような工作物は建築することはできないこととなります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 市街化区域における開発許可

    主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更(開発行為)を行う場合で、その面積が1000m2以上の場合は、開発許可を要します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 福祉のまちづくり条例の事前協議における必要な書類

    <事前協議提出書類> 次の書類をA4綴りとし、2部(正副)ご提出ください。 1.「特定公共的施設(建築物)新築等(変更)協議書」(第2号様式) 2.「整備基準適合状況表(建築物)」(第1号様式の2) 「用途面積算出表」(第1号様式の3):建築物が複合用途建築物の場合のみ 3.添付図書 ... 詳細表示

  • 土地区画整理事業

    土地区画整理事業とは、無計画に市街化しつつある地域や新たに市街化しようとする地域について、事業区域内の土地所有者などからその所有する土地の面積や位置などに応じて少しずつ土地を提供(減歩)していただき、これを道路や公園などの公共施設用地や事業費などにあて整備することによって宅地の利用価値を高め、健全で、明るく住みよ... 詳細表示

  • 建築確認申請手数料と納付方法

    確認申請や許可申請の手数料納付は、申請書提出の際、建築・開発審査課に現金でお支払いいただきます。 詳細は関連ページを参照してください。 参考ページ 建築確認申請手数料 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

86件中 31 - 40 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します