• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

目的から探す


長岡市ホームページ

長岡市役所総合窓口
(アオーレ長岡東棟1階)

平日 午前8時30分~午後5時15分
土・祝 午前9時~午後5時
休業日 日曜日・年末年始
※土・祝は一部窓口業務のみ
※日曜日と祝日が重なる場合は、
 お休みとなります。

上記以外の担当部署
平日 午前8時30分~午後5時15分
※部署、施設によっては、開庁・
 開館の日・時間が異なるところ
 があります。

電話:0258-35-1122(代表)
FAX:0258-39-2275(代表)

『 農水産政策課 』 内のFAQ

11件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 長岡野菜

    長岡野菜とは、長岡野菜ブランド協会が  1.古くからあって長岡でしかとれないもの   2.どこにでもあるけど長岡で作るとおいしいもの  3.新しい野菜だけれど、長岡で独自の食べられ方をしているもの の3つの基準により認定された野菜で、現在は巾着なす、梨なす、糸うり、ずいき、ゆうごう、かぐらなんばん... 詳細表示

    • No:1307
    • 公開日時:2024/04/01 00:00
  • 市民農園

    市内で農地の貸出を行っている農園は、「市民農園(長岡市ホームページ)」で紹介しています。 農園の所在地や連絡先・空き情報等も記載しているので、関連ページをご覧ください。 参考ページ 市民農園 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:108
    • 公開日時:2024/04/01 00:00
  • 新規就農

    経営開始資金という経営が安定するまでの3年間(年上限150万円)の資金を受けられる国の事業があります。(旧農業次世代人材投資資金) 具体的な内容は、新たに独立自営で経営を開始した青年の新規就農者(50歳未満)へ、交付期間1月につき1人あたり12.5万円(1年につき150万円)を最長3年間、給付するものです。 ... 詳細表示

    • No:111
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
    • 更新日時:2023/07/14 12:39
  • 錦鯉の購入・施設の見学について

    購入・見学先ともに長岡市錦鯉養殖組合の事務局で紹介をさせていただきます。事前に購入希望の錦鯉や見学内容について伺わせていただきますので、長岡市錦鯉養殖組合(080-2073-7800)まで問い合わせをお願いいたします。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1629
    • 公開日時:2021/04/01 00:00
  • 経営所得安定対策

    販売価格が生産費を恒常的に下回っている作物を対象に、その差額を交付することで、農業経営の安定と国内生産力の確保を図るとともに、戦略作物への作付転換を促し、食料自給率の向上と農業の多面的機能の維持を目指す制度です。「畑作物の直接支払交付金」、「水田活用の直接支払交付金」などがあります。 参考ページ ■このペ... 詳細表示

    • No:1305
    • 公開日時:2022/02/25 11:51
  • 錦鯉の生産者団体について

    長岡市には、錦鯉生産者の集まりである長岡市錦鯉養殖組合という組織があります。専業の方から愛好家まで、約150名の組合員が在籍しています。(令和5年4月現在) 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1630
    • 公開日時:2023/04/01 00:00
  • 新潟県特別栽培農産物認証制度

    安全・安心な農産物に対する消費者ニーズの高まりに対応するため、地域の栽培形態を基にした特別栽培農産物の基準を定め、当該基準に適合した県産農産物について県が認証する制度です。認証の対象作物は、県内で生産された米、野菜、果実です。だれにもわかりやすく統一された適正な表示を推進するため、国のガイドラインに沿って行ってい... 詳細表示

    • No:1304
    • 公開日時:2022/02/25 11:51
  • 農林水産業の補助制度

    農林水産業の振興を図るため、国・県・市が定める事業実施基準に基づいて、市長が必要と認めた場合に、農林水産事業者が組織する団体等に補助金を交付します。 詳しくは、農水産政策課にお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1306
    • 公開日時:2024/04/01 00:00
  • エコファーマー

    農業者が策定する「土づくり技術」、「化学肥料低減技術」、「化学合成農薬低減技術」を一体的に取り組む計画が、県で定める指針に適合する場合、知事がその農業者を、環境保全型農業を実践する農業者として認定します。この認定者を「エコファーマー」と呼んでいます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこ... 詳細表示

    • No:1303
    • 公開日時:2022/02/25 11:50
  • 認定農業者になるために必要なこと

    認定農業者になるためには、自らの農業経営をどのように改善していくかという計画である、「農業経営改善計画」を作成し、その計画を市から認定を受けていただく必要があります。計画作成時の留意点等、詳しくは、農水産政策課にお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1308
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
    • 更新日時:2023/07/14 12:51

11件中 1 - 10 件を表示