文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市民協働推進部 』 内のFAQ

280件中 11 - 20 件を表示

2 / 28ページ
  • 代理人による印鑑登録証明書請求

    取ることができます。代理人が本人(必要な方)の印鑑登録証(カード)と代理人の本人確認書類(運転免許証・保険証など)をお持ちください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 東山ハイキングコースのマップについて

    東山ハイキングコースのマップは長岡市のホームページからダウンロードできます。くらし・手続き→文化・スポーツ・生涯学習→スポーツのページからダウンロードできます。原本が欲しい場合には、スポーツ振興課(0258-32-6117)へお問い合わせください。 参考ページ スポーツ ■このページの内容に関するお問い合わせ... 詳細表示

  • 本籍の変更

    戸籍の本籍を変更するためには、『転籍届』という届出が必要です。転籍届の用紙に、戸籍の筆頭者及び配偶者が署名し、戸籍謄本1通を添付のうえ、本籍地または住所地に提出してください。なお、市内で本籍を変更する場合は、戸籍謄本の添付の必要はありません。 転籍すると、その戸籍に記載されている全員の本籍が動くことになりますが... 詳細表示

  • 住民票記載事項証明とは

    ○住民票記載事項証明は、住民票(住民基本台帳)に記載されている事項を証明するものです。○提出先(学校や職場など)の指定用紙をお持ちの方は、あらかじめ楷書で記入してお持ちください。氏名は、「戸籍に記載されている文字」を記載します。(沢・澤や高・髙などは注意が必要です。)住所を記載する際には、「丁目、○番○号、番地」... 詳細表示

  • マイナンバーカードの申請窓口

    アオーレ長岡東棟1階マイナンバーカード窓口および各支所地域振興・市民生活課(栃尾支所においては市民生活課)で交付しています。 ご自身のカードの受取窓口は、交付通知書をご確認ください。 また、受け取り窓口がアオーレ長岡のかたで、新規でマイナンバーカードを申請されたかたは予約制の交付窓口をご利用いただ... 詳細表示

  • 在留カードの有効期限

    ■永住者(16歳未満の方) 16歳の誕生日まで ■永住者(16歳以上の方) 交付の日から7年間 ■永住者以外(16歳未満の方) 在留期間の満了日または16歳の誕生日のいずれか早い日まで ■永住者以外(16歳以上の方) 在留期間の満了日まで * 永住者の方や16歳未満で在留カードの有... 詳細表示

    • No:760
    • 公開日時:2016/12/11 17:31
    • 更新日時:2021/07/26 20:29
    • カテゴリー: 市民課  ,  外国人住民
  • 婚姻届・離婚届に必要なもの

    ○必要事項を記入した婚姻届・離婚届の用紙1通 ※必ず本人が署名してください。また、証人欄には成人2人の署名が必要です。届出人、証人ともに押印は任意です。 ○夫と妻の本籍地以外の市区町村に届出する場合は、戸籍謄本1通 ○窓口に来られる方の本人確認ができるもの(マイナンバーカード・運転免許証等) 外国... 詳細表示

  • 遺骨等を移し替える許可申請の方法

    長岡市内の墓地・納骨堂に納骨している遺骨を、他の墓地・納骨堂に改葬する場合には、長岡市長の許可を受けなければなりません (1)改葬許可申請書(受付窓口にてお渡し可能)を記入してください。 (2)同申請書様式の事実証明欄に、納骨されている墓地又は納骨堂の管理者に埋蔵・収蔵の証明をもらってください。 ... 詳細表示

  • コンビニ交付の証明書の種類と手数料

    コンビニ交付で取得可能な証明書は、住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)、戸籍の附票の写し、所得・課税証明書(最新年度と前年度のみ)です。手数料は、戸籍証明書(全部事項証明書、個人事項証明書)が450円、それ以外の証明書はすべて250円です。 参考ページ コ... 詳細表示

    • No:3329
    • 公開日時:2018/04/01 00:00
    • カテゴリー: 市民課
  • 戸籍の附票とは

    ○戸籍の附票とは、その戸籍に在籍している期間の住所が記録されている証明書です。 本籍地の市区町村で戸籍の原本と一緒に保管している書類で、その戸籍が編成されてから(またはその戸籍に入籍してから)現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の住所が記録されています。 ※令和4年1月11日から生年... 詳細表示

280件中 11 - 20 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します