文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 人生のできごと 』 内のFAQ

517件中 1 - 10 件を表示

1 / 52ページ
  • 在宅で1か月に利用できる介護サービスの限度額

     在宅で介護サービスを利用する場合に、保険給付対象となる1か月の限度額です。この区分支給限度基準額は介護度によって決まります。  この限度額の範囲内で利用した介護サービスは、利用者負担割合に応じて1割~3割の負担で利用することができます。 ※保険証に記載された区分支給限度基準額は単位(1単位=10円)で表示さ... 詳細表示

  • 子どもの医療受給者証の発行

    窓口申請の場合は、その場で内容審査し、受給者証を交付します。 参考ページ 子どもの医療費助成 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 子どもの医療助成申請の手続き場所

    できません。 アオーレ長岡(東棟)1階福祉窓口・各支所市民生活課で手続きをお願いします。 なお、アオーレ長岡の場合は、平日は午後8時まで、土日祝日は、午前9時から午後5時まで受付を行っております。 参考ページ 子どもの医療費助成 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 自立支援医療(更生医療)の申請

    自立支援医療(更生医療)とは、18歳以上の身体障害者に対し、障害の軽減などのために給付される医療です。治療を受けた医療費のうち、原則1割が自己負担になります。新規申請は、次のものをお持ちいただき、アオーレ長岡(東棟)1階 福祉窓口・各支所市民生活課にお越しください。 ※事前に申請が必要です。 1 申請... 詳細表示

  • はり・きゅう・マッサージ施術費助成券取り扱い施術所

    はり・きゅう・マッサージ施術費助成券を利用できる指定施術所は、市内に約40か所あります。 長岡市ホームページに掲載されていますのでご覧ください。詳しくは、長寿はつらつ課又は各支所市民生活課にお問い合わせください。 参考ページ 高齢者の助けになるサービス ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらか... 詳細表示

  • 高齢者コミュニティセンターゆきわり荘とは

    高齢者が自立し、楽しくい生きがいを持って生活できるよう趣味、創作活動の醸成を目的とする創作研修室や料理講習室のほか、健康増進を図る屋外ゲートボール場など、高齢者はもとより世代間の交流施設として利用されています。また、長岡市社会福祉協議会和島支所の事務所が開館当初から入所しており、地域福祉の拠点施設にもなっています... 詳細表示

  • 年度途中に固定資産を売買した場合の固定資産税

    土地と家屋の固定資産税は毎年1月1日に登記簿に登記されているまたは課税台帳に登録されている所有者に課税されますので、年の途中で土地や家屋を売却してもその年度の固定資産税は全額課税されます。 このような場合、売却後の固定資産税の納付については売主と買主との間で契約時に取り決めることも多いようです。 なお、法務局... 詳細表示

  • 固定資産税が上がった理由(1)

    住宅用地(住宅などの敷地)については特例措置により税額が軽減されていますが、住宅を壊したために特例が適用されなくなり、本来の税額に戻ったためです。詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 住宅用家屋を取り壊した場合の税金は ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 固定資産税の住宅用地の軽減

    住宅用地(住宅などの敷地)には、その面積によって小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて課税標準の特例措置が適用され、税額が軽減されています。 (1)小規模住宅用地(住宅の敷地で1戸あたり200㎡までの部分)については、固定資産税の課税標準額は評価額の6分の1、都市計画税の課税標準額は評価額の3分の1となってい... 詳細表示

  • 家屋を取り壊した場合の固定資産税

    固定資産税は毎年1月1日に登記簿または課税台帳に登記されている所有者に課税されますので、年の途中で取り壊した場合でもその年度の固定資産税は全額課税されることになります。なお、家屋を取壊された場合は、お手数ですが資産税課家屋係(支所の地域は市民生活課)までご連絡ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお... 詳細表示

517件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します