文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 戸籍・住民異動・パスポート 』 内のFAQ

203件中 81 - 90 件を表示

9 / 21ページ
  • 住所変更後の住民票

    できます。住所変更の手続きの際に、住民票を請求してください。新しい情報を登録した後に住民票を発行しますので、時間がかかる場合があります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 海外から帰国する場合

    帰国してから14日以内に、お住まいになる市区町村で国外転入の届け出をしてください。 国外転入届の際には、入国スタンプの押印されているパスポート(日本国旅券)をお持ちください。 その他手続き方法や受付窓口詳細は、下記参考ページをご覧ください。 参考ページ 転入届(市外・海外からの... 詳細表示

  • だれの印鑑登録カードかわからなくなった場合の確認方法

    電話や窓口で口頭ではお答えできませんので、登録証を持参のうえ各窓口にて証明書を申請し、ご確認ください。(一通300円) 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 印鑑登録している方が亡くなった場合の手続き

    死亡届が出された時点で自動的に廃止になります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 代理人による印鑑登録

    代理の方がお越しいただいても印鑑登録は可能です。ただし、即日でのご登録はできません。 (1)登録する印鑑と代理人の印鑑(別の印鑑)、代理人のご本人を確認できる証明書(免許証、保険証など)を持って窓口にお越しください。 (2)申請を受け付けた窓口からご本人宛てに回答書を郵送しますので、届いたら回答書... 詳細表示

  • 転出届後の印鑑登録

    転出予定日の前日まで印鑑登録証明書の申請ができます。ただし、転出届出後は、コンビニ交付サービスは利用できません。印鑑登録は、転出予定日の前日まで申請できます。 【必要なもの】 *印鑑登録証明書の申請の場合 ○転出証明書 ○印鑑登録証(カード) ○本人確認書類(免許証、保険... 詳細表示

  • 未成年者の婚姻

    男満18歳、女満16歳以上であれば婚姻できます。ただし、未成年者の婚姻は父母の同意が必要です。婚姻届に同意書を添付してください。婚姻する方に養父母がいる場合は、養父母の同意となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 離婚後の子の戸籍

    お子さんの戸籍を移すためには、まず家庭裁判所で「子の氏の変更許可」の申立をして、許可を得る必要があります。家庭裁判所で許可を得た後に、本籍地もしくはお住まいの市区町村に「入籍届」と、家庭裁判所で発行された「氏の変更許可審判書」の謄本を提出してください。お子さんが15歳未満であれば親権者が、15歳以上であればお子さ... 詳細表示

  • パスポートの申請に必要なもの

    申請時に必要な書類は次のとおりです。 (1)一般旅券発給申請書 1通 (2)戸籍謄本または戸籍抄本 1通 (3)パスポート用写真 1枚 (4)本人確認書類 (5)前回取得したパスポート(初めてパスポートを取得する方は不要) 詳しくは参考ページをご覧くださ... 詳細表示

  • マイナンバーカードとは

    マイナンバーカード(個人番号カード)は、個人番号が記載されている顔写真付きのICカードです。カードに氏名・住所・生年月日・性別・有効期間満了日・本人の顔写真が記載されているため、本人確認書類として使用できるほか、各種電子証明の利用して、e-Taxをはじめとした市町村・都道府県・行政機関等による付加サービスの利... 詳細表示

203件中 81 - 90 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します