文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1112
  • 公開日時 : 2016/12/11 17:32
  • 印刷

後期高齢者医療制度の保険料減免の基準

広域連合が独自に行う保険料減免があるそうですが、どのような場合に減免されることがあるのですか。
カテゴリー : 

回答

保険料の減免については、後期高齢者医療広域連合が条例で定めるところにより、特別の理由がある者に対し、その年度の保険料のうち納期限が到来していない保険料を減免し、又はその徴収を猶予することができるとされています。
新潟県後期高齢者医療広域連合は条例で、以下の場合保険料をそれぞれ減免できると規定しています。
1 被保険者又はその属する世帯の世帯主が、震災、風水害、火災その他これらに類する災害により住宅、家財又はその他の財産について著しい損害を受けた場合。
2 被保険者の属する世帯の世帯主が死亡したことにより、又はその者が心身に重大な障害を受け、若しくは長期入院したことにより、その者の収入が著しく減少した場合。
3 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、事業又は業務の休廃止、事業における著しい損失、失業等により著しく減少した場合。
4 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、干ばつ、冷害、凍霜害等による農作物の不作、不漁その他これに類する理由により著しく減少した場合
5 その他広域連合長が特に必要と認める場合。

このページの作成・発信部署
国保年金課 後期高齢者医療係
電話番号
0258-39-2317
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します