文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 農林水産部 』 内のFAQ

19件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 法定外公共物(農業用水路)の使用

    農業用水路が長岡市所有の土地の場合は、長岡市への使用許可等の申請が必要となります。なお、水路の用途により担当課が異なりますので、長岡市の法定外公共物所管課(水路の場合は河川港湾課・下水道課・道路管理課・農林整備課のいずれか)にご相談ください。また、支所地域内の法定外公共物(水路)の場合は、各支所産業建設課(栃尾支... 詳細表示

  • 農業用施設(農道・水路・ため池等)の改良

    農家組合等が実施する事業の一部に補助金を交付する制度があります。申請方法等の詳細は、農林整備課にお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 農用地区域の確認

    確認したい土地の地番と場所が分かる住宅地図や土地更正図をお持ちのうえ、農林整備課の窓口でご確認ください。なお、支所地域内の土地の場合は、各支所産業建設課(栃尾支所は農林課)の窓口でも確認することができます。FAX、Eメール、電話でも問い合わせはできますが、その場合は、地番やその土地と周辺建物等との位置関係をお知ら... 詳細表示

  • 農道・林道の倒木処理

    農道や林道の維持補修は、その道路の管理者(地元の農家組合・町内会・長岡市等のいずれか)が行います。しかし、倒木は農道や林道に面した土地の所有者のものですから、土地の所有者が処理することになります。(その道路の管理者が勝手に処理することはできません。)農道や林道の管理者から、その土地の所有者に連絡して処理してもらっ... 詳細表示

  • 認定農業者になるメリット

    認定農業者になると、認定された「農業経営改善計画」の達成に向けた、各種支援をうけられるようになります。例としては、低利の制度資金の利用が可能となったり、機械リース事業などの支援を受けられる場合などがあります。「長岡市農業担い手ネット(長岡市ホームページ内)」に掲載してありますので、関連ページを参照してください。 ... 詳細表示

  • 認定農業者になるために必要なこと

    認定農業者になるためには、自らの農業経営をどのように改善していくかという計画である、「農業経営改善計画」を作成し、その計画を市から認定を受けていただく必要があります。計画作成時の留意点等、詳しくは、農政課にお問い合わせください。なお、「長岡市農業担い手ネット(長岡市ホームページ)」に掲載してありますので、関連ペー... 詳細表示

  • 市民農園

    市内で農地の貸出を行っている農園は、「市民農園(長岡市ホームページ)」で紹介しています。農園の所在地や連絡先・空き情報等も記載しているので、関連ページをご覧ください。 参考ページ 市民農園 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 地籍調査制度

    現在、登記所に備え付けられている地図は、いまだに明治時代の地租改正時に作られた地図(公図)などを基にしたもので、現状と必ずしも一致するものではありません。地籍調査は、土地の一筆ごとの所有者、地番、地目、境界、面積を正確に調査・測量するもので、その結果は登記所に送付され、更新されます。それによって、不動産登記の精度... 詳細表示

  • 緑の募金

    緑の募金は、公益社団法人にいがた緑の百年物語緑化推進委員会及び県知事からの依頼により、長岡市においても年1回、市民の皆さんにご協力をいただいています。 実施主体のにいがた緑の百年物語緑化推進委員会では、皆さんからの募金を一度集約し、国土緑化事業として市町村に還元しています。 長岡市では、中越地震等で荒廃した里... 詳細表示

  • 蜂の巣を発見(農道・林道)

    農道や林道の管理者(地元の農家組合・町内会、長岡市等のいずれか)や土地の所有者に通報し、なるべく蜂の巣に近づかないようにしてください。詳細は、農林整備課にお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

19件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します