文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1366
  • 公開日時 : 2020/04/01 00:00
  • 印刷

建築基準法における建築物の日影や高さの制限

中高層建築物を建築する時の、日影や高さの制限について聞きたいのですが。
カテゴリー : 

回答

下記のような制限があります。
<日影による中高層の建築物の制限>
一低・二低(軒高7m超、又は3F以上:測定面1.5m:4h・2.5h)
一中高・二中高(10m超:測定面4m:4h・2.5h)
一住・ニ住・準住・準工・近商のうち容積率200%の区域(10m超:測定面4m:5h・3h)
近商のうち容積率300%の区域・商業・工業・工専・用途地域の指定のない区域:なし
<高度地区> (※指定は旧長岡市の市街化区域内のみ)
第1種高度地区(一低・二低)…最高限度:10m、北斜:(5m+0.8/1)
第2種高度地区(一中高・二中高)…最高限度:なし、北斜:(7.5m+0.8/1)
第3種高度地区(一住・二住・準住)…最高限度:なし、北斜:(10m+0.8/1)
※越路・中之島・三島・与板・栃尾・川口地域は基準法上の北側斜線の制限となります。
また、他の制限区域がありますので、建築士など専門家へご相談ください。
 
このページの作成・発信部署
建築・開発審査課
電話番号
0258-39-2226
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します