文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 まちづくり・交通対策 』 内のFAQ

152件中 1 - 10 件を表示

1 / 16ページ
  • 建築計画概要書の閲覧

    建築確認を受けた建築物の計画の概要が記載された書類を、建築計画概要書といい、都市開発課で閲覧することができます。建築計画概要書には建築主、設計者、施工者、敷地や建物の規模等が記載され、付近見取図、配置図が添付されています。閲覧を希望する場合、物件を特定して申請をしてください。なお、平成元年4月1日以降に受付したも... 詳細表示

    • No:1361
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 除雪車の出動基準

    各地区ごとに路面状況のパトロールを行い、積雪が10センチ、または、10センチ未満でも路面状況が悪く、除雪が必要と判断されたとき、除雪車が出動します。 早朝除雪の完了目標は午前7時です。雪の量や道路の状況によっては、遅れる場合もありますのでご了承ください。 降雪時間帯が、明け方となった場合は、通勤時間帯の混乱を... 詳細表示

    • No:1438
    • 公開日時:2017/04/01 00:00
  • 玄関前除雪

    長岡市の除雪方法は、積もった雪を両脇に置く「押しのけ除雪」を基本としています。機械除雪では、住宅の出入り口をふさぐことなく除雪をすることは、技術的に困難です。自宅の出入り口の除雪は各ご家庭で行っていただくようご協力をお願いいたします。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1439
    • 公開日時:2017/04/01 00:00
  • 消雪パイプ設置の補助制度

    町内会や消雪組合等が道路に消雪パイプを設置する場合は補助制度がありますのでご相談ください。 詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 消雪パイプ埋設工事に対する補助 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1443
    • 公開日時:2017/04/01 00:00
  • 建築物の構造計算に採用する積雪量

    長岡市全域を多雪地域に指定しております。積雪荷重は、29.4N/(cm・m2)です。また、垂直積雪量が地域毎に定められておりますので、詳しくは関連ページをご参照ください。 参考ページ 長岡市建築基準法施行細則 建築物の設計荷重について ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1369
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 市街化区域における開発許可

    主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更(開発行為)を行う場合で、その面積が1000m2以上の場合は、開発許可を要します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1346
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 高齢者向けの市営住宅

    稽古町団地、千歳団地、稲葉団地に、シルバーハウジング(高齢者世話付き住宅)があります。 生活援助員による生活指導・相談、一時的な家事援助、緊急時の対応等のサービスと、住宅のバリアフリー化、緊急通報装置などの設置により、高齢者が自立して安全かつ快適な生活を営むことができるように配慮された住宅です。 入居の資格条... 詳細表示

    • No:1407
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
    • 更新日時:2017/03/01 15:55
  • 市街化調整区域における中古住宅の購入

    市街化調整区域内の中古住宅を購入して居住する場合、住宅分譲地として許可を受けて開発された区域や、市街化調整区域に指定された昭和45年9月1日より前に当初の建築物が建築されたものを除き、新たに都市計画法の許可が必要となります。許可が必要となるものは個別の判断となりますので、詳しくは都市開発課へご相談ください。 参考... 詳細表示

    • No:1352
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 公営住宅の家賃

    入居世帯の収入額や入居する公営住宅、部屋の広さなどによって異なります。詳しくは関連ページや、窓口で配布している「入居のご案内」を参照してください。 参考ページ 長岡地域の市・県営住宅一覧表 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1399
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 建築基準法における小屋裏などに物置を造る場合の取扱い

    小屋裏や天井裏物置の天井の最高の内法高さが1.4m以下かつ物置部分の水平投影面積が、その物置のある部分の階の床面積の1/2未満であれば、階としては取り扱わず、その部分は床面積に算入しません。※小屋裏物置は、小屋裏、天井裏の建築物の余剰空間を利用するもので、用途については物置に限られています。形態により個別に検討す... 詳細表示

    • No:1370
    • 公開日時:2016/12/11 17:33

152件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します