文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市民協働推進部 』 内のFAQ

287件中 101 - 110 件を表示

11 / 29ページ
  • 離婚後の氏

    離婚届と同時か、離婚後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法第77条の2の届)」をすると婚姻していた時の氏を名乗ることができます。ただし、一度この届出をした後で婚姻する前の氏(旧姓)に戻したい場合は、家庭裁判所の許可が必要です。また、離婚の日から3か月を過ぎてから、婚姻していた時の氏に変えたい場合... 詳細表示

  • 離婚後の子の戸籍

    お子さんの戸籍を移すためには、まず家庭裁判所で「子の氏の変更許可」の申立をして、許可を得る必要があります。家庭裁判所で許可を得た後に、本籍地もしくはお住まいの市区町村に「入籍届」と、家庭裁判所で発行された「氏の変更許可審判書」の謄本を提出してください。お子さんが15歳未満であれば親権者が、15歳以上であればお子さ... 詳細表示

  • 車両の仮ナンバーが借りられる期間

     運行の目的と経路を審査のうえ、目的が達成できる最小日数でお貸しします。なお、日数は実際に走行する日数であり予備日などは含みません。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 臨時運行と仮ナンバーの違い

    同じ意味です。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 住民票コードを知りたい場合

    住民票コード記載の住民票(有料:250円)を取得して確認してください。 本人および同一世帯員の方が請求される場合は即日発行できます。 代理人の申請の場合は、委任状が必要となり、窓口で申請受付後、本人宛に郵送させていただきます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこ... 詳細表示

  • 住民票コードとは

    無作為に抽出された11桁の数字で1人に1つ付番されています。住民基本台帳ネットワークシステムから、情報を正確、迅速に取り出すために使用します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 住基カードが必要なくなった場合

    不要になった住基カードは、窓口にお持ちいただき、廃止・返納届を提出していただければ、失効のうえ、回収します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • マイナンバーカードのセキュリティ対策

    マイナンバーカードは、各機能ごとに暗証番号を設定します。暗証番号は3回連続で誤って入力されるとロックがかかる仕組みになっており、ロックされた場合、暗証番号再設定の手続きをしなければ、機能を使用することはできません。 また、ICチップ内の情報を不正な方法により読み出そうとすると、自動的にカード内のデータを... 詳細表示

  • 住基ネットでの証明書発行

    住基ネット上では、4情報といわれる、氏名・生年月日・性別・住所に加えて、住民票コードの情報等のみを管理しているため、住基ネットを利用して戸籍謄本や印鑑登録証明書を請求することはできません。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 電子証明書の発行手数料

    発行手数料は無料です。ただし、マイナンバーカード紛失等による再交付の際は、カードの手数料800円に加えて200円の手数料がかかります。 参考ページ 公的個人認証サービスについて ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

287件中 101 - 110 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します