文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 税金 』 内のFAQ

109件中 11 - 20 件を表示

2 / 11ページ
  • クレジットカードでの市税の納付

    パソコン・スマートフォンから、ヤフー株式会社が運営するクレジットカード納付専用サイト「Yahoo!公金支払い」にて、納付することができます。納付書の納付金額に応じて、決済手数料が必要となります。 ただし、以下のような納付書は納付することができません。 納期限を過ぎているもの 1枚... 詳細表示

    • No:3289
    • 公開日時:2018/04/01 00:00
    • 更新日時:2019/03/21 08:49
    • カテゴリー: 納税  ,  収納課
  • 長岡市の市民税額

    基本的に全国一律です。 長岡市の税率は標準税率を採用しております。 全国的にも標準税率を採用している市区町村が大半を占めていることから、一部の市区町村を除き、収入や扶養などの控除の内容が同じであれば市民税額は同じになります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • サラリーマンと税の申告

    条件によって ①確定申告、市県民税申告とも不要 ②確定申告が必要 ③市県民税申告が必要 な場合にそれぞれ分かれます。 ①給与収入のみで、勤務先で年末調整がお済みの方は、申告をする必要はありません。 ②給与の支払金額が2,000万円を超える方、給与所得のほかに所得がありその所得金額が20万円を超える方... 詳細表示

  • 医療費がかかったときの税金

    はい。所得税や市県民税には「医療費控除」というものがあります。支払額が1年間で一定額(10万円と総所得金額等の5%のいずれか低い金額)を超えた場合に、この控除を申告することができます。医療費控除を申告することで、年金や給与から納めた所得税が還付されたり、市県民税が減額されたりします。支払った医療費そのものが戻って... 詳細表示

  • 市税の納付書を紛失した場合

    再発行しますので、収納課までご連絡ください。 平日日中のみアオーレ長岡東棟1階税金窓口及び各支所市民生活課に、直接お越しいただいても納付することができます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:596
    • 公開日時:2018/04/10 00:00
    • カテゴリー: 納税  ,  収納課
  • 耐震改修した住宅の減税

    昭和57年1月1日以前に建てられた住宅で、次の要件を満たすものについては、翌年度分の120平方メートル分までの固定資産税の2分の1が減額されます。また、耐震改修工事を行い、認定長期優良住宅に該当することとなった場合は、翌年度分の120平方メートル分までの固定資産税の3分の2が減額されます。 なお、都... 詳細表示

  • 省エネ改修した住宅の固定資産税

    平成20年1月1日以前に建てられた住宅(賃貸住宅を除く。)で、次の要件を満たすものについては、翌年度分の120平方メートル分までの固定資産税の3分の1が減額されます。また、省エネ改修工事を行い、認定長期優良住宅に該当することとなった場合は、翌年度分の120平方メートル分までの固定資産税の3分の2が減額されます... 詳細表示

  • 原付バイク等の廃車手続き

    ・ナンバープレートがある場合所有者・使用者・届出者の印鑑、ナンバープレート、標識交付証明書(無い場合は、標識番号などを控えてきてください。)・ナンバープレートがない場合所有者・使用者・届出者の印鑑、標識弁償金200円※関連ページを参照してください。 参考ページ 軽自動車税 ■このページの内容に関するお問い合わ... 詳細表示

  • 固定資産税の家屋の価格(評価額)

    固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。 *新たに課税される家屋の評価 家屋の評価額は、固定資産評価基準に基づいて算出された「再建築価格」と「経年減点補正率」で求めることとなっています。 評価額 ... 詳細表示

  • 市県民税とは

    市県民税(市区町村・都道府県民税)とは、毎年1月1日現在にお住まいの市区町村で課税される税金です。市の分と県の分を合わせた税額であり、(個人)住民税とも呼ばれます(Q523も参照してください。)。この税金は前年1年間の所得を基に計算されているため、所得のあった翌年に納税通知書をお送りしています。長岡市においては市... 詳細表示

109件中 11 - 20 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します