• No : 2300
  • 公開日時 : 2020/04/01 00:00
  • 更新日時 : 2020/11/25 17:35
  • 印刷

悠久山小動物園の施設概要

回答

ニホンザルやタヌキ等、子供達が絵本でよく目にする生き物や日常の生活圏内に生息する獣や鳥を主体に展示飼育を行っている施設です。

【施設内容】
・サル山
 ニホンザルを飼育
・動物舎
 ハクビシン、タヌキ、アナグマ等を飼育
・クジャク舎
 インドクジャク、ホホジロカンムリヅル、インコ等を飼育
・ウサギ広場
 ウサギを飼育
・水鳥舎
 コハクチョウ、アヒル、カモ類を飼育
・フライング舎
 トビ、フクロウ、チョウゲンボウ等を飼育
・トキ舎
 トキの仲間であるクロトキ、ムギワラトキを飼育
 
このページの作成・発信部署
科学博物館 郷土史料館(小動物園)
電話番号
0258-37-6385