文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 芸術・文化・歴史 』 内のFAQ

93件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • 河井継之助のよみかた

    「継之助」は「つぐのすけ」「つぎのすけ」と二通りの呼び名があります。長岡市の「河井継之助記念館」は、呼び名を「かわいつぎのすけきねんかん」としました。「つぎのすけ」としたのは、長い間長岡市民が親しんできた呼び名であるからです。「つぐのすけ」が正しいとする説もあります。 参考ページ 河井継之助記念館 ■このペー... 詳細表示

    • No:1279
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 順動丸シャフトの概要

    慶応4年(1868)5月24日に、寺泊港外で幕府軍と薩長軍の海戦がありました。その時幕府軍の砲弾輸送の任を終え碇泊中の所、砲撃されやむなく座礁した船のシャフトです。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1857
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 北越戊辰戦争伝承館の利用料

    展示室は無料でご覧になれます。 参考ページ 北越戊辰伝承館 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:131
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
    • 更新日時:2020/11/26 13:28
  • 馬高縄文館での催し物

    土器作りや石器作り、勾玉作り、アンギン編み体験など、縄文時代や考古学に係る様々なイベントなどが行われています。また、縄文研究者の講師を招いての講演会なども開催しています。 参考ページ 馬高縄文館ホームページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2320
    • 公開日時:2021/04/01 00:00
  • 馬高縄文館への行き方

    長岡駅大手口から「柏崎行き」のバスで、「関原南」停留所下車徒歩5分です。 車では、長岡ICより柏崎方面に約5分、関原5丁目の信号を左折してすぐです。 詳しくは馬高縄文館のホームページをご覧ください。 参考ページ 馬高縄文館ホームページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2316
    • 公開日時:2016/12/11 17:36
    • 更新日時:2020/11/26 16:33
  • 織物の神社の所在地

    栃尾の地場産業である織物産業の礎となった栃尾紬の開発に尽力した植村角左衛門貴渡(1821年没)を祖神として祀り、名称を貴渡(たかのり)神社といいます。長岡市栃堀にあり、地元では「機神様(はたがみさま)」と呼んでいます。この神社には、桑の刈取りから養蚕、栃尾紬ができるまでを描いた石川雲蝶作の彫刻があります。 ... 詳細表示

    • No:1887
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 順動丸シャフトのある場所

    担当にお問い合わせください。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1858
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 河井継之助記念館駐車場

    駐車場は 自家用車7台分ご用意しています。 マイクロバスでお越しの場合は、事前予約が必要ですので河井継之助記念館(電話0258-30-1525)までご連絡ください。 参考ページ 河井継之助記念館 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1278
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 科学博物館での催し物

    生物の観察会や講座、長岡の歴史を探る会など、地域の自然や歴史にかかわる様々な行事を実施しています。また、特別展・企画展を開催し、時節に沿った話題の提供や寄贈資料紹介、研究成果等の公開行っています。 その他、学校からの依頼による授業や体験学習にも対応しています。 参考ページ 科学博物館ホームペ... 詳細表示

    • No:2285
    • 公開日時:2021/04/01 00:00
  • 八百比丘尼の松の概要

    全国に点在する伝説で、寺泊にも同じような伝説があり、野積の旧高津家は生家と伝えられ屋敷の前庭に大切に保存されています。 参考ページ 寺泊エリア ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1859
    • 公開日時:2019/04/01 00:00

93件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します