文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 税金に関する証明 』 内のFAQ

15件中 11 - 15 件を表示

2 / 2ページ
  • 新年度の市税証明発行時期

    新年度の証明については、毎年、固定資産税に関する証明(評価証明・公課証明・名寄帳など)は4月から、個人の市県民税に関する証明〔所得・課税証明書〕は6月中旬から発行しています。 ただし、給与から市県民税を納める方のみ、市県民税に関する証明を5月中旬から発行しています。 参考ページ ■このページの内容に関す... 詳細表示

    • No:547
    • 公開日時:2016/12/11 17:30
    • 更新日時:2017/03/13 22:39
  • 固定資産証明の郵送請求

    固定資産証明を郵送でも請求できます。 請求に必要な書類 ・税関係証明書交付請求書(必要事項が記入してあれば任意の様式で可) ・返信用封筒 ・請求者の本人確認書類(免許証、保険証など)の写し ・手数料分の定額小為替 *死亡者名義の物件の証明書を請求する場合には、戸籍謄本の写し等被相続人との相続関... 詳細表示

    • No:563
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 罹災証明(被災証明)の発行(地震や風水害、落雷の場合)

    地震、風水害等で被害を受けたとき、加入されている各種保険の申請等を行う場合には、市が発行する罹災証明(被災証明)が必要になることがあります。 <すでに被害認定を受けている地震等の罹災証明> ・アオーレ長岡東棟1階税金窓口または各支所市民生活課の窓口にて請求してください。  ※本人確認書類(運転免... 詳細表示

    • No:562
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 本人以外の方が市税の証明を取る場合

    代理人など、本人以外の方が市税に関する証明書をお取りになる場合には、代理人の身分証明書と「ご本人の記名・押印のある委任状」が必要です。 なお、年の途中での固定資産取得者、相続人、納税管理人、借地人・借家人の方などは、委任状なしでお取りできる場合があります。 参考ページ 所得等証明書 ■このページの... 詳細表示

    • No:546
    • 公開日時:2018/04/01 00:00
  • 営業証明を取る場合

    個人営業の場合 本人の場合は本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の提示が必要になります。 代理人の場合は、代理人の身分証明書と「ご本人の記名・押印のある委任状」が必要です。 手数料1通につき250円。 ※アオーレ長岡東棟1階 証明書発行窓口、各支所のみの取り扱いです。 法人の場合 ... 詳細表示

    • No:511
    • 公開日時:2018/04/01 00:00

15件中 11 - 15 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します