文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 戸籍・住民異動・パスポート 』 内のFAQ

202件中 21 - 30 件を表示

3 / 21ページ
  • 死亡届の出し方

    届出義務者(親族、同居者など)が、死亡の事実を知った日から7日以内に、死亡者の本籍地、住所地、死亡された市区町村、及び届出人のお住まいの市区町村のいずれかに届け出てください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 電子証明書の失効通知が届いた場合

    電子証明書が失効すると、e-taxやコンビニ交付などが利用できなくなります。引き続きご利用される場合は、マイナンバーカードを持参のうえ、更新の手続きを行ってください。 参考ページ 公的個人認証サービスについて ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 代理人による身分証明書請求

    身分証明書を請求できるのは、原則としてご本人のみです。代理人が請求する場合は、ご本人の委任状が必要です。ただし、ご本人が未成年の場合は親権者が請求することができます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 身分証明書とは

    禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていない、後見の登記の通知を受けていない、破産手続開始の決定の通知を受けていないことを本籍地で証明するものです。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • お祝い状の交付サービスについて

    長岡市の窓口に婚姻届・出生届を提出した方に対し、長岡市からお祝いの気持ちを込めてお渡ししているものです。交付は無料で、希望者の方にお渡ししています。「アオーレバード」のロゴデザインや、NHK朝の連続ドラマ小説「てっぱん」のオープニング映像のほか、広告・ミュージシャンのアートワーク等多岐に渡って活躍されている森本千... 詳細表示

  • 印鑑登録証明書を取るときに必要なもの

    必ず印鑑登録証(カード)と本人確認書類(運転免許証・保険証など)をお持ちください。印鑑登録証がないと印鑑登録証明書は取ることができません。印鑑登録証は印鑑登録の手続が済んでいる方にお渡ししています。まだ登録をされていない方は新規登録を、紛失等で印鑑登録証がない方は印鑑登録証の亡失の手続きと再登録をしてください。 ... 詳細表示

  • 戸籍の謄本・抄本等の請求先について

    戸籍は本籍地の市区町村で管理していますので、本籍地の市区町村でしか請求できません。 長岡市が本籍地の方であれば、本庁、各支所、東・西サービスセンター及び幸町証明発行コーナー等に直接請求してください。また、郵送で請求やコンビニでの取得もできます。 参考ページ 郵送請求について ■このページの内容に関する... 詳細表示

  • 出生から死亡までの戸籍謄本の請求について

     出生から死亡までの戸籍謄本を請求される場合は、最初に死亡時の本籍地で戸籍をお取りいただき、そこからさかのぼって出生まで請求していただくことになります。 戸籍には、生まれてから婚姻・死亡・転籍など戸籍の異動に関する内容が記載されますが、戸籍が新たに作成された場合に前の戸籍の内容がすべて記載されるわけではありません... 詳細表示

  • 出生届の出し方

    父または母が、お子さんの生まれた日を含めて14日以内に、父母の本籍地、住所地、お子さんの出生地のいずれかの市区町村に提出してください。 必要なもの ○必要事項を記入した出生届(出生証明書に医師・助産師の証明があるもの) ○届出人の印 ○母子手帳 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わ... 詳細表示

  • 除籍謄本の保存期限

    現在の除籍の保存期間は150年ですので、戸籍を順にさかのぼっていけば、それぞれの本籍地の市区町村で、かなり古いものまで取れる場合があります。ただし、過去の法律では保存期間が現在より短く、市区町村によっては、その時点で廃棄されている場合もあります。また、長岡市では、一部戸籍が戦災等により焼失しているため、謄本等を発... 詳細表示

202件中 21 - 30 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します