• No : 105
  • 公開日時 : 2019/04/01 00:00
  • 印刷

特定健康診査等の受診前に健康保険が変わった時の手続き

年度の途中で加入健康保険が変わったが、特定健診や後期高齢者健診を受けるために何か手続きや持参する書類が必要ですか。
カテゴリー : 

回答

○長岡市国民健康保険から他の健康保険(後期高齢者医療制度は除く)に加入者本人が異動した場合
 事業主が実施する健診を受けてください。

○長岡市国民健康保険から他の健康保険(後期高齢者医療制度は除く)の扶養に異動した場合
 加入した健康保険から特定健診受診券を発行してもらってください。次に、長岡市が発行する個人記録票が必要なため、健康課に連絡いただき個人記録票の再発行を受けて、受診券と一緒に持参してください。

○長岡市国民健康保険に異動した場合
 電話で健康課に個人記録票兼受診券の発行を受けて当日持参してください。

○後期高齢者医療制度に異動した場合
 75歳になったことにより異動した場合は、手続きは不要です。
 75歳になる前に、後期高齢者医療制度に加入された方は、健康課で個人記録票兼受診券の発行を受けて持参してください。

また、がん検診は長岡市に住民登録のある方は保険証の種類に関係なく受診できます。
 
このページの作成・発信部署
健康課 成人保健係
電話番号
0258-32-5000