文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1790
  • 公開日時 : 2019/04/01 08:30
  • 印刷

北前船

回答

江戸時代中期から明治期にかけて北海道と大阪を結ぶ西回り航路を航海、海産物などを運ぶ廻船を「北前船」といいます。
近世の寺泊は、元禄期以降の商業経済の波に乗って発達した北前航路の寄港地として、また、対岸の佐渡をはじめ沿岸各湊との商品流通ルートの要港でありました。特に背後に穀倉の越後平野をひかえ、豊富な米の積出湊として賑わい、廻船問屋が軒を並べていました。寺泊の問屋は、諸国から入港する廻船を相手に、積荷の商品売買の仲介をし、倉庫業を併せて行っていました。商品の主なものは、陸揚品のものは塩・砂糖・綿・ムシロ・荒物などの日用品で、積込品は米・雑穀などであったといいます。
寺泊は他にも多くの廻船業者がおり、冬季間、海が荒れて欠航の多いことを考えると、最盛期には地元の船も加えて、湊は出船・入船の交錯で活気に溢れていたことが想像されます。

このページの作成・発信部署
寺泊支所 産業建設課
電話番号
0258-75-3105
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します