文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1365
  • 公開日時 : 2020/04/01 00:00
  • 更新日時 : 2020/12/11 13:39
  • 印刷

被災建築物の応急危険度判定制度

地震災害でよく耳にする、応急危険度判定制度とはどのような制度ですか。
カテゴリー : 

回答

大規模な地震の直後、傾いたり、ひびが入るなど被害を受けた建築物は、余震等によって倒壊や部材の落下等の二次災害を引き起こす危険があります。これを防止し、皆さんの安全を確保するため、被災建築物の危険度を「被災建築物応急危険度判定士」が応急的に判定・表示する制度です。
 
このページの作成・発信部署
建築・開発審査課
電話番号
0258-39-2226
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します