文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 観光・まつり 』 内のFAQ

292件中 61 - 70 件を表示

7 / 30ページ
  • 中之島地域の宿泊施設

    ありません。周辺の長岡市他地域、もしくは見附市などにお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1509
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 中之島地域の観光ガイド

    「中之島観光ガイドの会」の方が案内します。 事前に中之島観光協会事務局(中之島支所産業建設課 電話0258-61-2013)にお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1507
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 長岡まつり期間中のおすすめ観光施設等

    長岡まつり大花火大会が始まる前に、長岡の街を十分に楽しんでいただけるよう、いくつかの観光施設をご紹介します。 右岸(長岡駅側)観覧席のお客様には、長岡駅周辺にある、シティホールプラザ「アオーレ長岡」や河井継之助記念館・山本五十六記念館等をお勧めします。 また、左岸(長岡IC側)観覧席のお客様には、長岡花火お土... 詳細表示

    • No:1297
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 「あぶらげんしん」の借用手続き

    「あぶらげんしん」は、栃尾商工会が栃尾のイメージキャラクターを募集し、全国より応募総数293点の応募の中から選ばれた、栃尾名物“あぶらげ”と栃尾ゆかりの偉人“上杉謙信”を融合したキャラクターの名称です。 著作等につきましては栃尾商工会(電話0258-52-4191)にありますので、そちらへお問い合わせください。... 詳細表示

    • No:1893
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志産業まつり

    期日:11月3日 場所:山古志竹沢乙461 山古志支所敷地内 内容:農産物品評会、縄ない選手権、新米のつかみ取り、物販等 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1623
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 河井継之助記念館駐車場

    駐車場は 自家用車7台分ご用意しています。 マイクロバスでお越しの場合は、事前予約が必要ですので河井継之助記念館(電話0258-30-1525)までご連絡ください。 参考ページ 河井継之助記念館 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1278
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 中之島産業まつりの開催場所

    中之島支所周辺です。 【交通手段】 ・JR見附駅より見附市コミュニティバスにて「道の駅パティオにいがた」で下車。徒歩約10分。 ・JR長岡駅発着のバスについてはお問い合わせ下さい。 ・車 北陸自動車道中之島・見附ICから5分 参考ページ 中之島産業まつり ■このページの内容に関するお問い... 詳細表示

    • No:160
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 栃尾城址の駐車場

    城址付近を林道が通っていますので、自家用車であれば行けます。 マイクロバス以上の車両は、道路が狭いので行けません。 城址付近に自家用車10台程度の駐車場があります。 駐車場から徒歩10分程で城址山頂です。 参考ページ 栃尾城跡 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1909
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志はどんなところ

    長岡市の南東部にある地域です。平成17年4月に長岡市に合併するまでは、全国的にも珍しい一郡一村の「古志郡山古志村」でした。 地域全体が山間部にあります。標高は150~700mですが豪雪地帯として知られ、積雪は例年3m位積もります。 「泳ぐ宝石」と言われる錦鯉(にしきごい)や国指定の重要無形民俗文化財である「牛... 詳細表示

    • No:1613
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 中之島地域内の神社・仏閣

    稲島稲荷社があります。 詳しくは関連ホームページをご覧ください。 参考ページ 神社・仏閣 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1506
    • 公開日時:2019/04/01 00:00

292件中 61 - 70 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します