文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 観光・まつり 』 内のFAQ

294件中 31 - 40 件を表示

4 / 30ページ
  • 中之島地域の宿泊施設

    ありません。周辺の長岡市他地域、もしくは見附市などにお問い合わせください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1509
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • もみじ園の山荘使用方法

    越路支所産業建設課に設置してある申請書を使用前に提出していただきます。その後、使用許可書と併せて使用料の納付書を郵送しますので、使用料を金融機関で納付していただきます。 なお、使用できる部屋は15畳の「もみじの間」、8畳の「さくらの間」と6畳の「さつきの間」があり、午前9時から午後9時まで使用できます。 ... 詳細表示

    • No:1569
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • もみじ園の山荘使用料

    部屋は15畳の「もみじの間」、8畳の「さくらの間」、6畳の「さつきの間」があり、使用料は部屋ごとにそれぞれ午前9時から午後5時までの間の3時間で2,100円、1,050円、840円となっております。3時間を超える場合は、それぞれ1時間ごとに630円、310円、210円が追加となります。 なお、午後5時から午後9... 詳細表示

    • No:1570
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • もみじ園の紅葉の見ごろ

    その年の気候にも依りますが、例年では11月10日頃から見ごろになります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1571
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • もみじ園の開園期間

    4月から11月までの間、終日開園しています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1572
    • 公開日時:2016/12/11 17:34
    • 更新日時:2019/03/12 15:02
  • 闘牛とは

    山古志は隣接する川口地域や小千谷市東山地域と共にその昔から「越後二十村郷(えちごにじゅうむらごう)」と言われていました。 「越後二十村郷」に古くから伝わる闘牛は「牛の角突き」と言われ、牛同士が角を突き合い力比べをするものです。「勢子(せこ)」と言われる綱取りたちが牛の周りを囲み、2頭の牛をけしかけたり、引き離し... 詳細表示

    • No:1619
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志地域のイベント

    ○産業まつり 毎年11月3日 ○古志の火まつり 毎年3月初旬 ○錦鯉品評会 毎年10月下旬 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1622
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志産業まつり

    期日:11月3日 場所:山古志竹沢乙461 山古志支所敷地内 内容:農産物品評会、縄ない選手権、新米のつかみ取り、物販等 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1623
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 古志の火まつり

    期日:3月初旬 場所:山古志種苧原 四季の里古志周辺 内容:さいの神、子ども広場、ステージショー、物販等 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1624
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志地域の地場産農産物(米、かぐらなんばん)

    米のほか地域の伝統野菜である「かぐらなんばん」や「体菜」、「ヤーコン」の生産が行われています。また春には様々な種類の山菜も採れます。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1628
    • 公開日時:2019/04/01 00:00

294件中 31 - 40 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します