• No : 1746
  • 公開日時 : 2019/04/01 08:30
  • 印刷

はちすば通りの概要

はちすば通りの名前の由来を教えてください。
カテゴリー : 

回答

晩年の良寛が木村家に身を寄せ、地域の人々と穏やかな日々を送った和島(島崎)は、良寛と貞心尼が出逢った場所としても知られています。二人の清らかな師弟愛は、良寛が亡くなるまで続きました。その間、二人が読み交わした相聞歌を貞心尼がまとめた歌集「蓮(はちす)の露)にちなんで「はちすば通り」と名付けられました。はちすば通りは、良寛が晩年身を寄せた木村家・良寛墓碑など数多くの史跡が残されています。詳しくは関連ページをご覧ください。
 
このページの作成・発信部署
和島支所 産業建設課
電話番号
0258-74-3114