• No : 1672
  • 公開日時 : 2019/04/01 00:00
  • 印刷

小国和紙

回答

300年以上前から作られている小国和紙。
漉きあげた紙をぬれた紙のかたまり(かんぐれ)のまま、雪の中にそっと入れ保存します。
この技法が貴重なものと評価されています。
小国和紙の技法が国(文化庁)では昭和48年に、新潟県(教育委員会)では昭和49年に無形文化財として指定されました。
 
このページの作成・発信部署
小国支所 地域振興課
電話番号
0258-95-5905