• No : 1123
  • 公開日時 : 2019/04/01 00:00
  • 印刷

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられたとき

回答

後期高齢者医療被保険者が亡くなられた場合、喪主を務めた方に葬祭費が支給されます。金額は5万円です。

[申請に必要なもの]
(1)亡くなられた方の保険証
(2)葬儀を行った方(喪主)の預金通帳
(3)葬儀を行った方(喪主)の印かん

 ※高額療養費・保険料の還付が発生した場合は、相続人代表の方の口座に振込みますので、喪主の方と相続人代表の方が異なる場合は、両方の預金通帳、印かんをご用意ください。
 ※喪主の続柄によっては葬儀を行った証明(会葬礼状や葬儀の領収書等)の提出が必要となる場合があります。

[申請場所]
 アオーレ長岡(東棟)1階健康保険・年金窓口または各支所市民生活課
 
このページの作成・発信部署
国保年金課 後期高齢者医療係
電話番号
0258-39-2317