文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 820
  • 公開日時 : 2016/12/11 17:31
  • 印刷

どういう戸籍が必要なのかわからない場合

だれの、どんな戸籍が必要なのかうまく説明できません。
カテゴリー : 

回答

○直接提出先へ詳しく聞き取って、確認をお願いします。
*例えば、「父の戸籍が欲しい」だけでは、種類のある戸籍から「どの戸籍」を発行してよいのか窓口職員もわかりません。
*「法務局や保険会社へ提出するから、どの戸籍か?」と問い合わせがあっても、それぞれの申請や家族状況などにより、必要な戸籍の種類が異なるため、提出先へ詳しく確認していただく必要があるためです。

○提出先へ確認していただき、「だれの・どんな戸籍か」の例は、次のようなものがあります。
(1) 平成23年4月1日に死亡した父・太郎の相続登記に新潟地方法務局長岡支局へ提出するため、父が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本が必要で、長男・一郎が申請する。
(2) 平成16年7月13日に死亡した母・花子の生命保険金受け取りのため、母が、故父・太郎と婚姻し、3人の子ども(一郎・次郎・光子)がいることがわかる戸籍が必要で、長男・一郎が代表して○○保険会社へ請求する。3兄弟が除籍した後の兄弟分の現在までの戸籍は必要ない。
(3) 平成23年4月1日に死亡した父・太郎の、死亡日の記載がある戸籍抄本が必要。
(4) パスポートを申請するため、子・一郎の戸籍抄本(個人事項証明書)が必要。

上記は、ごく一例です。確認いただいた内容をメモなどに書き留めてお持ちいただくことをお勧めします。

このページの作成・発信部署
市民課 中央サービスセンター
電話番号
0258-39-7512
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します