文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 569
  • 公開日時 : 2019/04/01 00:00
  • 更新日時 : 2019/04/17 11:32
  • 印刷

固定資産税の住宅用地の軽減

住宅が建っている土地は税額が安くなるのですか。
カテゴリー : 

回答

住宅用地(住宅などの敷地)には、その面積によって小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて課税標準の特例措置が適用され、税額が軽減されています。

(1)小規模住宅用地(住宅の敷地で1戸あたり200㎡までの部分)については、固定資産税の課税標準額は評価額の6分の1、都市計画税の課税標準額は評価額の3分の1となっています。

(2)一般住宅用地(住宅の敷地で1戸につき200㎡を超え、住宅の延べ床面積の10倍までの部分)については、固定資産税の課税標準額は評価額の3分の1、都市計画税の課税標準額は評価額の3分の2となっています。

詳しくは関連ページをご覧ください。
 
このページの作成・発信部署
資産税課 土地係
電話番号
0258-39-2213
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します