文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 556
  • 公開日時 : 2017/04/01 08:30
  • 印刷

年度途中に固定資産を売買した場合の固定資産税

年度途中に土地・家屋を売買した場合、固定資産税の課税はどうなりますか。
カテゴリー : 

回答

土地と家屋の固定資産税は毎年1月1日に登記簿に登記されているまたは課税台帳に登録されている所有者に課税されますので、年の途中で土地や家屋を売却してもその年度の固定資産税は全額課税されます。
このような場合、売却後の固定資産税の納付については売主と買主との間で契約時に取り決めることも多いようです。
なお、法務局に登記されていない未登記家屋の所有者変更には、アオーレ長岡東棟1階税金窓口又は各支所市民生活課で届出が必要です。売買及び贈与については契約書の写しを添付してください。契約書がないとき及び契約書に未登記建物に関する記載がないときは、届出書に実印を押して印鑑登録証明書を添付してください。詳しくは長岡市役所資産税課までお問い合わせください。
 
このページの作成・発信部署 : 
資産税課 管理係
電話番号 : 
0258-39-2213
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します