文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 38
  • 公開日時 : 2018/08/01 00:00
  • 印刷

介護サービス利用時の利用者負担割合

介護サービス利用時の利用者負担が見直されたのですか。
カテゴリー : 

回答

 これまで介護サービスを利用した時に利用者が負担する割合は40歳~64歳までの人は全員が1割、65歳以上の人は所得状況に応じて1割もしくは2割とされてきました。
 しかしながら、平成30年8月から65歳以上の人(第1号被保険者)の負担割合が見直され、所得状況に応じて1割~3割となりました。要介護認定を受けている人には、毎年7月(初めて認定申請をした人は、その認定結果が出た時)に「負担割合証」が送付されますので確認してください。
 40歳から64歳の人(第2号被保険者)についてはこれまでどおり、全員が1割負担となります。
 なお、月々の利用者負担額には上限があり、これを超えて支払った分については高額介護サービス費として払い戻しが受けられます。負担割合が変更になっても実質的な負担額が、変更となった負担割合に比例して増えるとは限りません。
 
 例)2割負担で毎月40,000円のサービス費を支払っていた人が、3割負担になった場合。
   ①利用者負担額40,000円(2割負担)→ 60,000円(3割負担)に変更
   ②利用者負担の月上限額 44,000円(住民税課税世帯の人の場合)
   ③高額介護サービス費支給額
    (60,000円①ー44,000円②)=16,000円
 
   ●実質的負担額(高額介護サービス費支給により、②)44,000円(2割負担の時より+4,000円増)
 
このページの作成・発信部署 : 
介護保険課 給付係
電話番号 : 
0258-39-2245
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します