文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 26
  • 公開日時 : 2018/08/01 00:00
  • 印刷

介護保険負担割合証とは

回答

●負担割合証とは
介護保険サービスを利用したときの自己負担が、1割、2割又は3割になるのかを確認するためのものです。
毎年7月に要介護(要支援)認定を受けている人全員に新しい負担割合証が送付されます。
新たに要介護認定申請をされる方につきましては、結果通知書の発送と同時に負担割合証を送付します。
●負担割合証が届いたら
介護保険サービスをご利用の方は、ケアマネジャーまたは施設などの介護保険サービス事業者にご提示ください。負担割合証を保管するときは、介護保険の保険証と一緒に保管してください。
●負担割合証をなくしてしまった場合
「介護保険被保険者証等再交付申請書」にて再交付の申請をしてください。
 
このページの作成・発信部署
介護保険課 認定係
電話番号
0258-39-2245
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します