文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 23
  • 公開日時 : 2020/04/01 00:00
  • 印刷

マイナンバー制度による個人情報の保護

マイナンバー制度の導入で、個人情報の漏えいや〝なりすまし"の被害にあわないか心配です。
カテゴリー : 

回答

マイナンバー制度の安心・安全を確保するために、制度面とシステム面の両面から、個人情報保護の措置を講じています。

<制度面>
○法律に定めがある場合を除き、マイナンバーの収集・保管を禁止しています。

○なりすまし防止のために、マイナンバーを収集する際は、本人確認を義務付けています。

○マイナンバーが適切に管理されているか、第三者機関である国の個人情報保護委員会が監視・監督します。

○法律に違反した場合の罰則を従来に比べ強化しています。

<システム面>
○個人情報を一元管理するのではなく、従来どおり、年金の情報は年金事務所、地方税の情報は市区町村というように「分散管理」し、芋づる式の情報漏えいを防ぎます。

○行政機関の間の情報のやりとりには、マイナンバーを直接使わず、専用の符号を用います。

○システムにアクセス可能な者を制限・管理し、通信する場合は暗号化します。

詳しくは、関連ページをご覧ください。
 
参考ページ
マイナンバー制度
このページの作成・発信部署
行政管理課
電話番号
0258-39-2208
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します