文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1751
  • 公開日時 : 2019/04/01 08:30
  • 印刷

阿弥陀瀬の大杉の概要

阿弥陀瀬の大杉の概要と行き方を教えてください。
カテゴリー : 

回答

長岡市内から与板経由「阿弥陀瀬トンネル」を過ぎ、約1km。樹齢は不明。阿弥陀瀬の大杉の近くには恵心庵というお堂があります。恵心庵は、貞応2年(1223年)に恵心僧都の作と伝えられた上品(じょうぼん)上座の阿弥陀如来を本尊として建立されました。この恵心庵が建てられた時に植えられたとすれば、樹齢は780年以上になります。承久の乱が起こり、鎌倉幕府が源氏から北条氏に変わったころです。大きさは、周囲約7m、樹高約30m、枝振りは約25m×約30mです。詳しくは関連ページをご覧ください。
 
このページの作成・発信部署
和島支所 産業建設課
電話番号
0258-74-3114
寺泊エリア 和島エリア 与板エリア 中之島エリア 三島エリア 長岡エリア 栃尾エリア 越路エリア 山古志エリア 小国エリア 川口エリア
このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します