文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 救急・消防 』 内のFAQ

59件中 31 - 40 件を表示

4 / 6ページ
  • 住宅用火災警報器の点検

    点検の義務はありませんが、電池切れで万が一の時に作動しないことがないよう、定期的に点検してください。なお、ご自分で簡単に点検できるため、専門業者による点検の必要はありません。 点検方法等については関連ページをご覧ください。 参考ページ つけたあとは? ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから... 詳細表示

    • No:2080
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
    • 更新日時:2017/03/14 09:37
  • 使用開始届出書

    お店を始める、事務所を開くなど、建物内で事業(テナントなども含みます。)を始めようとするときは、その規模によって届出が必要となり、消防署が検査をすることになります。詳しくは各消防署予防係にお問い合わせください。長岡消防署 電話0258-35-2193 与板消防署 電話0258-72-2572 栃尾消防署 電話02... 詳細表示

    • No:299
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
  • 火災と紛らわしい行為の届出

    火災と紛らわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為をする場合は、あらかじめ、その旨を届け出る必要があります。詳しくは各消防署にお問い合わせください。長岡消防署 警備係 電話0258-35-2193与板消防署 警備係 電話0258-72-2572栃尾消防署 警備係 電話0258-52-1155 参考ページ ■この... 詳細表示

    • No:2115
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • AED(自動体外式除細動器)

    AEDとは、日本語では「自動体外式除細動器」と呼ばれています。AEDは傷病者の心電図を調べ、治療のために電気ショックが必要かどうかを判断し、必要と判断すれば電気ショックを与えることができます。AEDを有効に活用することで、救命率を向上できるといわれております。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせ... 詳細表示

    • No:2109
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 救急ではないが、寝たきりの家族を病院に連れて行きたいとき

    市内にある福祉タクシー等をご利用ください。詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 福祉タクシー等 詳細表示

    • No:2104
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 消防設備士講習会

     この講習は、免状の交付を受けた日以後、最初の4月1日から2年以内、また、当該講習を受けた日以後、最初の4月1日から5年以内に受講する必要のある講習です。  新潟県内では1年を通して各地で実施しています。詳しくは(一財)新潟県消防設備協会にお問い合わせください。  なお、受講申請書の提出先は(一財)新... 詳細表示

    • No:2094
    • 公開日時:2017/03/03 17:35
    • 更新日時:2017/03/06 13:38
  • 住宅用火災警報器購入の補助

    長岡市では、住宅用火災警報器の購入の際の補助は行っておりませんが、設置を希望する全ての世帯に、消防職員が無償で取り付けをサポートします。 ・消防本部予防課(電話0258-35-2190) ・長岡消防署予防係(電話0258-35-2193) ・与板消防署予防係(電話0258-72-2572) ・栃尾消防... 詳細表示

    • No:2089
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
    • 更新日時:2017/03/06 13:09
  • 消火器等の斡旋・販売

    消防本部・消防署・消防団では一切販売はしていません。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2073
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 消防団協力事業所表示制度

    地域防災の中核的存在である消防団員は年々減少傾向にあり、地域防災力の低下が懸念されています。そうした中で長岡市の消防団員のほとんどが被雇用者のため、事業所の消防団に対する理解と協力が必要不可欠です。 消防団協力事業所として認定されると表示証が交付され、長岡市のホームページなどで事業所名を公表します。これにより社... 詳細表示

    • No:2071
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山岳救助訓練

    毎月計画的に訓練を行っています。季節に合わせ、夏季は自然の地形や草木を利用した救助訓練、冬季は雪崩検索訓練を中心に行っています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2120
    • 公開日時:2016/12/11 17:35

59件中 31 - 40 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します