文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 救急・消防 』 内のFAQ

59件中 11 - 20 件を表示

2 / 6ページ
  • 灯油タンクの設置

    灯油のタンクについては、一般のご家庭に500リットル未満のタンクを設置するのであれば、届出は必要ありませんが、事業を営んでいるところであれば、200リットル以上のタンクで届出が必要となります。なお、タンクの設置の際は、万が一灯油が漏れてしまった場合のためにタンクの下に防油堤を設置してください。また、灯油を防油堤の... 詳細表示

    • No:2090
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 消防署の配置

    長岡市内には、1本部、3消防署、9出張所があります。 消防本部     長岡市千歳1-3-100      電話0258-36-0119 長岡消防署    長岡市千歳1-3-100      電話0258-35-2193  関原出張所   長岡市関原南2-4095      電話0258-46-6404 ... 詳細表示

    • No:2067
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • メール119番・FAX119とは

    聴覚・言語機能に障害がある方が、ケガや病気を発症したり、火災を発見したときに、自らメールやFAXにより救急車や消防車の出動要請ができるもので、利用するには事前に登録が必要となります。登録しておくことで、一刻を争う緊急時に素早く救急車等の要請ができます。 詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ペー... 詳細表示

    • No:4490
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 消防署の見学

     長岡市内の各消防署予防係にお問い合わせをしていただき、見学する施設と日時の調整をしてください。 なお、長岡消防署では午前9時から午後5時まで自由見学コースを設けております。ご自由に見学していただくことも可能です。・長岡消防署 電話0258-35-2193 ・与板消防署 電話0258-72-2572 ・栃尾消防署... 詳細表示

    • No:301
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
  • 防火管理講習修了証の再発行

    修了証の再発行はできませんが、防火管理講習や防災管理講習を受講して修了したことの証明書を有償で発行することができます。なお証明書の発行については、長岡市消防本部や、合併前の消防本部(栃尾市消防本部など)で実施した講習を修了した方に対して発行することができます。証明書発行の申請先・消防本部予防課(電話0258-35... 詳細表示

    • No:2081
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 防火管理講習再講習の受講

    収容人員が300人以上の特定防火対象物において、防火管理者に選任されている甲種防火管理講習修了者となります。受講期限① 選任日が講習終了日から4年以内の場合、講習終了日以後の最初の4月1日から5年以内② 選任日が講習終了日から4年を超えている場合、選任日から1年以内以後同様(直近の講習終了日以後の最初の4月1日か... 詳細表示

    • No:2082
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 放置された消火器

    消火器の処分にかかわらず、空き地等にあるごみなどの廃棄については、土地の所有者や管理者などが処分することとなっています。土地所有者などとご相談ください。また、ごみステーションや公園など、公共の土地や場所に放置されているものについては、その土地を管理する各担当課で対応します。 参考ページ ■このページの内容に関す... 詳細表示

    • No:2091
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 消防職員の採用

    一般の行政職と同様に、長岡市の職員採用試験を受験していただきます。 資格や免許を持っていなければいけないとか、専門的な学校で勉強していなければならない等の消防職員になるための特別な条件はありません。採用試験の受験条件として、視力・聴力等の身体条件と採用後長岡市内(特例あり)への居住条件があります。 採... 詳細表示

    • No:2068
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • オイルの流出

    「119番」へ連絡してください。消防本部の指令室から関係機関へ連絡します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2111
    • 公開日時:2016/12/11 17:35
  • 消防車・救急車のサイレン

    消防車や救急車が緊急走行する場合、道路交通法によりサイレンを吹鳴し、かつ赤色の警光灯をつけなければならないと定められています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:2102
    • 公開日時:2016/12/11 17:35

59件中 11 - 20 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します