文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 戸籍・住民異動・パスポート 』 内のFAQ

202件中 61 - 70 件を表示

7 / 21ページ
  • 郵送による住民票請求

    住所が長岡市にある方は、郵送で請求できます。次のものを郵送してください。 【必要なもの】 ○請求書(便せんに次の事項を記入してください) (1)請求者の住所・氏名・生年月日・電話番号(昼間に連絡のとれる番号) (2)必要な証明の種類と通数:世帯全員、世帯一部のどちらが何通必要かご記入ください。世帯一部... 詳細表示

  • 戸籍の附票とは

    ○戸籍の附票とは、その戸籍に在籍している期間の住所が記録されている証明書です。本籍地の市区町村で戸籍の原本と一緒に保管している書類で、その戸籍が編成されてから(またはその戸籍に入籍してから)現在に至るまで(またはその戸籍から除籍されるまで)の住所が記録されています。○長岡市では、平成9年までに除票となった附票につ... 詳細表示

  • 住民票や戸籍証明などの休日・夜間の証明書発行

    休日・夜間に発行できる窓口は次のとおりです。 (1)アオーレ長岡 東棟1階 証明書発行窓口(大手通1丁目) (2)東サービスセンター・・・アクロスプラザ長岡(沖田1丁目) (3)西サービスセンター・・・リバーサイド千秋1階(千秋2丁目) 上記3窓口の業務時間(戸籍・住民票などの証明発行)は次のとお... 詳細表示

  • 転出証明書の紛失

    ○転出証明書を紛失した場合、転出証明書を発行した市区町村で、転出証明書に準ずる証明書を発行してもらってください。○ただし、転出届をしてから、かなり時間がたっている場合は、転出証明に代わる証明も発行されないことがあります。その場合は、本籍地より戸籍謄本及び戸籍の附票を取り寄せてから、新しいお住まいの市区町村で転入の... 詳細表示

  • 転出届後の印鑑登録

    転出予定日の前日まで印鑑登録証明書の申請ができます。ただし、転出届出後は、コンビニ交付サービスは利用できません。印鑑登録は、転出予定日の前日まで申請できます。 【必要なもの】 *印鑑登録証明書の申請の場合 ○転出証明書 ○印鑑登録証(カード) ○本人確認書類(免許証、保険... 詳細表示

  • 印鑑登録(長岡市に印鑑登録がある方に保証人になって頂く場合)

    (1)印鑑登録申請書の保証書欄に、既に長岡市に印鑑登録している方に、記入・押印(登録している印鑑で)してもらってください。 (2)この申請書と、登録する印鑑とご本人を確認できる証明書(保険証、年金手帳など)を持って窓口にお越しください。 この方法の場合、申請の当日に登録できます。 ※保証人に... 詳細表示

  • 謄本と抄本の違い

    戸籍の「謄本」とは、戸籍の記載すべてを証明したものをいいます。戸籍の「抄本」は、戸籍の記載の一部を抜粋して証明したものです。なお、長岡市を含め、戸籍がコンピュータ化されている市区町村では、戸籍謄本を「全部事項証明書」、戸籍抄本を「個人事項証明書」と呼んでいます。手続きによって、戸籍謄本(全部事項証明書)が必要な場... 詳細表示

  • 電子証明書の発行手数料

    発行手数料は無料です。ただし、マイナンバーカード紛失等による再交付の際は、カードの手数料800円に加えて200円の手数料がかかります。 参考ページ 公的個人認証サービスについて ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 郵送による戸籍請求

    本籍が長岡市にある方又はあった方は、郵送で戸籍等を請求できます。次のものを郵送してください。 【必要なもの】 ○請求書(便箋に次の必要事項を記入してください) (1)請求者の住所・氏名・電話番号(昼間に連絡のとれる番号) (2)必要な戸籍の本籍・筆頭者 (3)必要な戸籍証明と通数(例:全部事項証明書... 詳細表示

  • 引っ越し前の住所変更

    ○他市区町村から長岡市への引っ越し(転入届)と長岡市内での引っ越し(転居届)は、引っ越す前に住所変更はできません。 必ず、新しい住所に住み始めてから住所変更を届け出てください。(14日以内のお手続きが必要です。)○長岡市から他市区町村への引っ越し(転出届)のみ、引っ越す前に届出ができます。(14日前からのお手続き... 詳細表示

202件中 61 - 70 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します