文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 財務部 』 内のFAQ

126件中 31 - 40 件を表示

4 / 13ページ
  • 固定資産税の納税通知書の送付時期

    毎年4月の中旬に発送しています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 夜間や休日の納付場所

    アオーレ長岡東棟1階税金窓口で、平日夜間、土・日・祝日も、納付を受け付けています。 【営業時間】  平日夜間:午後5時15分~午後7時  土・日・祝日:午前9時~午後5時 【注意点】 ・納付書持参での納付に限ります。 ・納付書をお持ちでない方は、平日の午前8... 詳細表示

  • 自分の市県民税額についての問い合わせ

    市県民税の個人の税額や所得の内容などのお電話でのお問い合わせにつきましては、恐れ入りますが、個人情報保護のため、原則としてお答えすることができません。 ただし、納税通知書がお手元にあり、確認番号でご本人であることが間違いないと確認できる場合にはお答えします。 なお、納税通知書がお手元にない場合は、ご本人である... 詳細表示

  • 標識交付証明書(廃車申告受付書)

    標識交付証明書は、原動付自転車または小型特殊自動車の標識(ナンバープレート)の交付を受けた時に発行される書面です。廃車申告受付書は、車両を使用しなくなり、標識(ナンバープレート)の返納を受けた時に発行される書面です。通常は車両登録または廃車の受付時にお渡ししていますが、再発行も無料で行っています。 参考ページ ... 詳細表示

    • No:95
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
    • カテゴリー: 市民税課
  • 固定資産税とは

    固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)に、土地・家屋・償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます)を所有している人が、その固定資産の価格をもとに算定された税額を固定資産の所在する市町村に納める税金です。 参考ページ 固定資産税とは ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 相続人が固定資産の証明を請求する場合

    相続人が固定資産の証明(評価証明・公課証明・名寄帳など)を請求する場合には、相続権の確認のため、戸籍謄本(申請者と所有者の続柄が確認できるもの)と請求者の本人確認書類が必要です。 (代理人が請求する場合は、これらに加えて相続権のある方からの委任状が必要です。) 参考ページ 亡くなった者名義の評価証明を申... 詳細表示

  • 退職後に送付されてきた市県民税の納付書

    毎月の給与から市県民税が特別徴収(給与天引き)されていた方が、退職などにより給与の支払いを受けなくなった場合は、その翌月以降の税額を徴収することができなくなるので、納税通知書(納付書)を市役所から郵送し、納めていただくことになります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 固定資産税の土地の価格(評価額)

    固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定します。詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 土地の評価 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

  • 市税の証明を取れる場所

    市税等の証明は、下記窓口で請求できます。 ・アオーレ長岡 東棟1階 証明書発行窓口 ・各支所市民生活課 ・西サービスセンター(リバーサイド千秋内) ・東サービスセンター(アクロスプラザ長岡内) ・幸町証明発行コーナー ・太田コミュニティセンター ・寺泊コミュニティセンター(所得証明、納税証明... 詳細表示

  • サラリーマンと税の申告

    条件によって ①確定申告、市県民税申告とも不要 ②確定申告が必要 ③市県民税申告が必要 な場合にそれぞれ分かれます。 ①給与収入のみで、勤務先で年末調整がお済みの方は、申告をする必要はありません。 ②給与の支払金額が2,000万円を超える方、給与所得のほかに所得がありその所得金額が20万円を超える方... 詳細表示

126件中 31 - 40 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します