文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 まちづくり・交通対策 』 内のFAQ

146件中 71 - 80 件を表示

8 / 15ページ
  • 除雪車が通る道路での注意

    車庫の出入り口などに設置してある乗入鉄板は、事故の原因となる恐れがありますので、必ず除雪前に撤去してください。 また、消雪用のビニールホースは、道路に出したままにしないでください。除雪車がホースを切断する恐れがあります。 除雪車が鉄板やホース等を破損しても補償できませんので、ご理解とご協力をお願いいたします。... 詳細表示

    • No:1440
    • 公開日時:2017/04/01 00:00
  • 建築物の解体

    平成14年5月30日から建設リサイクル法が完全施行されたことにより、一定規模以上の解体工事等については、一定の技術基準に従って、コンクリート、アスファルト、木材等を分別し、再資源化することが義務付けられました。 また、法律により解体を着手する7日前までにリサイクル法による届出書を長岡市(建築・開発審査課)へ提出... 詳細表示

    • No:1385
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築物の完了検査

    建築基準法第7条の規定により建築主(及び工事監理者)は、工事が完了した場合には、建築主への完了検査の申請が義務付けられています。更に、法第6条第1項第一号~第三号の建築物で、避難施設等を有する施設は、検査済証が交付されるまでは、その建築物は使用することができません。詳しくは、建築士などの専門家にご相談ください。 ... 詳細表示

    • No:1384
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築物の中間検査の特定工程

    中間検査を受ける特定工程と特定工程後の工程は、関連ページをご覧ください。 参考ページ 建築物の中間検査 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1374
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築物の中間検査の対象建築物

    建築基準法第7条の3第1項1号及び2号に規定された建築物が対象となります。 同項第2号により特定行政庁が指定する建築物は、関連ページをご覧ください。 参考ページ 建築物の中間検査 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1373
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築する際の敷地と道路の条件

    建築物の敷地は建築基準法第42条の規定に定められる道路に2m以上の幅で有効に接してなければなりません。 この部分は、接しているだけでなく敷地への通行が可能な形態であることが必要です。また、路地上敷地の場合は、路地部分の幅が全域2m以上必要となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせは... 詳細表示

    • No:1372
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 住宅の耐震改修工事費の補助制度

    「長岡市木造住宅耐震改修工事費等助成金制度」があります。 ・助成対象となる者及び木造住宅は以下の全てに該当するものです。 1 耐震診断(大地震で倒壊の可能性についての診断)で上部構造評点が1.0未満であると診断されたもの。 2 市内に木造住宅を所有する者 3 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住... 詳細表示

    • No:1364
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 市街化調整区域内の農地における農業用倉庫の建築手続き

    自作農家(耕作面積が1000m2以上の農家)が農機具の収納などに利用する農業用倉庫を建てるには、立地を認められる場合があります。可否については個別の判断となりますので、建築・開発審査課に必ずご相談ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1350
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 中高層建築物建築の要綱等の入手方法

    「長岡市中高層建築物の建築に関する指導要綱」、「長岡市中高層建築物による電波障害防止に関する指導要綱」及び「長岡市共同住宅の建築計画及び管理に関する指導要綱」は、長岡市ホームページ「条例・規則」で入手できるほか、建築・開発審査課窓口でも配布しております。 参考ページ 長岡市中高層建築物の建築に関する指導要... 詳細表示

    • No:1344
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 長岡市の過疎地域

    過疎とは、地域の人口減少や高齢化が進んだ状態で、過疎地域自立促進特別措置法(過疎法)に要件等が定められています。 長岡市では山古志、小国、和島、栃尾、川口の5地域が過疎地域となっています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:328
    • 公開日時:2018/04/01 00:00

146件中 71 - 80 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します