文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 和島エリア 』 内のFAQ

47件中 21 - 30 件を表示

3 / 5ページ
  • 和島地域の酒蔵

    久須美酒造と池浦酒造の2つの蔵があります。久須美酒造の銘柄は、「清泉」その他ドラマ「夏子の酒」のモデルになった幻の酒「亀の翁」等があります。池浦酒造の銘柄は、「和楽互尊」その他「天上大風」「心月輪」など良寛に関係する酒があります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1754
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 和島地域のおみやげ

    道の駅良寛の里わしま「もてなし家」でお買い求めください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1753
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 阿弥陀瀬の大杉の概要

    長岡市内から与板経由「阿弥陀瀬トンネル」を過ぎ、約1km。樹齢は不明。阿弥陀瀬の大杉の近くには恵心庵というお堂があります。恵心庵は、貞応2年(1223年)に恵心僧都の作と伝えられた上品(じょうぼん)上座の阿弥陀如来を本尊として建立されました。この恵心庵が建てられた時に植えられたとすれば、樹齢は780年以上になりま... 詳細表示

    • No:1751
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 本山妙法寺の概要

    JR越後線「妙法寺駅」の正面、徒歩約20分の場所にあります。日蓮上人の高弟、日昭上人が鎌倉時代末期に建立し、北越布教の中心となりました。うっそうと杉並木に囲まれた日蓮宗の本山です。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1749
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 良寛墓碑の概要

    はちすば通り、隆泉寺内の木村家の墓地内にあります。良寛さまのお墓は、天保4年(1833年)3月に建立されました。墓石は、花崗岩で寺泊七つ石から運び、二分して碑石と台石にしました。墓碑の中央に「良寛禅師墓」とあり、筆者は、良寛の弟・由之の孫・山本泰世です。また、右方は鈴木文台によって選ばれた僧迦と題する良寛の五言古... 詳細表示

    • No:1748
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • はちすば通りの木村家の見学

    木村家は、現在も居住されており、突然の見学はできません。見学は、事前予約が必要です。ご希望の方は木村家(電話090-2029-6844)へお問い合わせください。 参考ページ 木村家 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1747
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • はちすば通りの概要

    晩年の良寛が木村家に身を寄せ、地域の人々と穏やかな日々を送った和島(島崎)は、良寛と貞心尼が出逢った場所としても知られています。二人の清らかな師弟愛は、良寛が亡くなるまで続きました。その間、二人が読み交わした相聞歌を貞心尼がまとめた歌集「蓮(はちす)の露)にちなんで「はちすば通り」と名付けられました。はちすば通り... 詳細表示

    • No:1746
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 和島オートキャンプ場への行き方

    ○北陸自動車道西山ICより車で約20分、中之島見附ICより車で約20分 ○関越自動車道長岡ICより車で約40分 詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 和島オートキャンプ場 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1743
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 和島オートキャンプ場の開設期間

    4月中旬から11月上旬まで開設しています。詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 和島オートキャンプ場 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1740
    • 公開日時:2019/04/01 08:30
  • 和島オートキャンプ場の概要

    日本海を見晴らす丘の上にたつキャンプ場です。佐渡や日本海に沈む夕日が一望できる展望台や、テニスコート(有料)、釣堀(有料)等もあります。詳しくは関連ページをご覧ください。 参考ページ 和島オートキャンプ場 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1739
    • 公開日時:2019/04/01 08:30

47件中 21 - 30 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します