文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 建築・開発審査課 』 内のFAQ

53件中 31 - 40 件を表示

4 / 6ページ
  • 建築基準法の道路の定義

    建築基準法では、建築物の敷地が「道路」に2m以上接していないと建築物を建てられません。(法第43条第1項) この「道路」とは、建築基準法第42条第1項に定義されている幅員4m以上のもので、次のとおりです。 ・道路法による道路(第1項第1号) ・土地区画整理事業や開発により築造された道路(第1項第2号) ・... 詳細表示

    • No:1359
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 市街化調整区域における福祉施設の建築

    平成19年11月30日の都市計画法改正に伴い、開発許可申請が不要とされていた学校、社会福祉、病院等の公共公益施設についても必要となりました。 可否については個別の判断となりますので、必ず建築・開発審査課へご相談ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1353
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 市街化調整区域における既存建築物の建替の可否

    市街化調整区域に定められた日以前から存する建築物、またはその日以後都市計画法に適合して建築され、かつ現在も適法に使用されている建築物については建替えが可能です。可否については個別の判断となりますので、建築・開発審査課に必ずご相談ください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1348
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 市街化区域における開発許可

    主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更(開発行為)を行う場合で、その面積が1000m2以上の場合は、開発許可を要します。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1346
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 位置指定道路

    建築物の建築を目的として、建築基準法に定められた整備を行い、長岡市(建築・開発審査課)からその位置の指定を受けた幅員4m以上の私道です。 参考ページ 建築基準法に基づく道路位置の指定に関すること ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1338
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 既存宅地制度の廃止

    既存宅地制度とは、市街化調整区域内の土地における開発許可制度で、50戸以上の建築物の連なる区域で、長岡市においては昭和45年9月1日以前から制度廃止まで公的な書類(土地の登記簿・農地転用の書類等)で宅地と判断できる土地における建築行為の許可制度でした。要件に合う土地については、宅地要件が認められ、住宅等の立地が可... 詳細表示

    • No:1336
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築物の中間検査の特定工程

    中間検査を受ける特定工程と特定工程後の工程は、関連ページをご覧ください。 参考ページ 建築物の中間検査 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1374
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 建築する際の敷地と道路の条件

    建築物の敷地は建築基準法第42条の規定に定められる道路に2m以上の幅で有効に接してなければなりません。 この部分は、接しているだけでなく敷地への通行が可能な形態であることが必要です。また、路地上敷地の場合は、路地部分の幅が全域2m以上必要となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせは... 詳細表示

    • No:1372
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 住宅の耐震診断費の補助制度

    「木造住宅の耐震診断費助成金交付制度」があります。 ・助成対象となる者及び木造住宅は以下のとおりです。 1 市内に木造住宅を所有する者 2 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、併用住宅(延べ面積の2分の一以上が居住の用に供されているものに限る)であること。 3 壁、柱、床、屋根などの主要構造... 詳細表示

    • No:1363
    • 公開日時:2020/04/01 00:00
  • 道路後退(セットバック)の際の後退用地の取扱い

    後退した部分は、将来その道が4m以上に拡幅がされた場合に備えて土地所有者が自主的に管理することとなります。なお、この部分には門、塀など通行に支障となるような工作物は建築することはできないこととなります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1358
    • 公開日時:2020/04/01 00:00

53件中 31 - 40 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します