文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 住まい 』 内のFAQ

80件中 61 - 70 件を表示

7 / 8ページ
  • 排水設備とは

    台所、風呂、水洗トイレ等の汚水を公共ますに流すため、宅地内に設置する排水管、汚水ます等です。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1462
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 空き家の利用登録申込み

    長岡市空き家バンク利用希望者登録申込書(様式第9号)に必要事項をご記入の上、住宅施設課住宅政策係の窓口へ直接お持ちいただくか郵送にてお送りください。 参考ページ 利用希望者登録申込書 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1394
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 空き家の物件登録申込み

    長岡市空き家バンク登録申込書(様式第1号)に必要事項をご記入の上、土地・建物の登記簿謄本等の写しを添付して、住宅施設課住宅政策係の窓口へ直接お持ちいただくか、郵送にてお送りください。なお、登録対象は個人所有の一戸建て住宅です。 参考ページ 登録申込書 ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1393
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 建築基準法における建ペイ率の緩和の条件について

    次のいずれかに該当する敷地について緩和します。(1) 各道路の幅員が4メートル以上であってその内角が120度以下の2道路によりなる角敷地で、その道路に接する部分の長さの和が敷地周囲の3分の1以上のもの(2) 各道路の幅員が4メートル以上の2道路の間にある敷地で、その道路に接する部分の長さの和が敷地周囲の4分の1以... 詳細表示

    • No:1368
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 住宅の耐震診断費の補助制度

    「木造住宅の耐震診断費助成金交付制度」があります。・助成対象となる者及び木造住宅は以下のとおりです。1 市内に木造住宅を所有する者2 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、併用住宅(延べ面積の2分の一以上が居住の用に供されているものに限る)であること。3 壁、柱、床、屋根などの主要構造部分の大部分が木... 詳細表示

    • No:1363
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 建築基準法の道路の定義

    建築基準法では、建築物の敷地が「道路」に2m以上接していないと建築物を建てられません。(法第43条第1項)この「道路」とは、建築基準法第42条第1項に定義されている幅員4m以上のもので、次のとおりです。・道路法による道路(第1項第1号)・土地区画整理事業や開発により築造された道路(第1項第2号)・この法律が適用さ... 詳細表示

    • No:1359
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 道路後退(セットバック)の際の後退用地の取扱い

    後退した部分は、将来その道が4m以上に拡幅がされた場合に備えて土地所有者が自主的に管理することとなります。なお、この部分には門、塀など通行に支障となるような工作物は建築することはできないこととなります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1358
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 建築物を建てるときの道路後退(セットバック)について

    敷地の前面道路の幅員が4m未満の場合、公道、私道の別にかかわらず、道路後退(セットバック)が必要になる場合があります。また、角地で側面の道路からもセットバックの制限が掛かる場合がありますので、詳しくは都市開発課へお問合せください。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1357
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 市街化調整区域における中古住宅の購入

    市街化調整区域内の中古住宅を購入して居住する場合、住宅分譲地として許可を受けて開発された区域や、市街化調整区域に指定された昭和45年9月1日より前に当初の建築物が建築されたものを除き、新たに都市計画法の許可が必要となります。許可が必要となるものは個別の判断となりますので、詳しくは都市開発課へご相談ください。 参考... 詳細表示

    • No:1352
    • 公開日時:2016/12/11 17:33
  • 新築住宅のバリアフリー施工

    住宅を新築する場合は、介護保険制度の住宅改修の支給対象とはなりません。既存住宅の改修を行う場合のみ、支給対象となります。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1042
    • 公開日時:2016/12/11 17:32

80件中 61 - 70 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します