文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 離婚 』 内のFAQ

24件中 21 - 24 件を表示

3 / 3ページ
  • 離婚後の氏

    離婚届と同時か、離婚後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法第77条の2の届)」をすると婚姻していた時の氏を名乗ることができます。ただし、一度この届出をした後で婚姻する前の氏(旧姓)に戻したい場合は、家庭裁判所の許可が必要です。また、離婚の日から3か月を過ぎてから、婚姻していた時の氏に変えたい場合... 詳細表示

    • No:907
    • 公開日時:2016/12/11 17:31
  • パスポートの訂正(氏名・本籍)

    次のどちらかの手続きを選択することができます。 (1)記載事項変更申請・・・現在お持ちのパスポートと残りの有効期間が同じ新しいパスポートを申請する (2)切替申請・・・現在お持ちのパスポートの残りの有効期間を切り捨てて新しいパスポートを申請する なお、同一都道府県内での本籍の... 詳細表示

    • No:878
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 在留資格の有効期限

    在留期間の期限が切れるまでは、現在の在留資格で滞在できます。ただし、2012年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた方が離婚した場合は、14日以内に入国管理局へ届け出てください。なお、在留資格や在留期間の変更・更新許可手続きについては関連ページの入国管理局ホームページでご確認ください... 詳細表示

    • No:764
    • 公開日時:2016/12/11 17:31
  • 父母が別居している場合の児童手当

    単身赴任などで別居している場合は、生計を維持する程度の高い方に支給されます。 両親が離婚協議中のため別居していて生計を同じくしていない場合は、子どもと同居している方の親に児童手当が支給されます。 いずれも、別居した時点で手続きが必要になりますので、詳しくは児童手当担当窓口にお問合せください。 参考ページ... 詳細表示

    • No:230
    • 公開日時:2016/12/11 17:29
    • 更新日時:2018/06/22 16:10

24件中 21 - 24 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します