文字サイズ変更ボタン
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 山古志エリア 』 内のFAQ

30件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 中山隧道

    山古志地域東竹沢の小松倉という集落にある魚沼市との境界にある隧道(トンネル)です。 昔、小松倉集落では毎年4mを超える積雪の中でも峠を越える暮らしを強いられてきました。そこで、自らの命と生活を守るためトンネルの掘削を思い立ち、昭和8年(1934)、ツルハシによる手堀で着手し16年の歳月をかけ貫通させた全長877... 詳細表示

    • No:1626
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志地域の農産物、山菜直売所のある場所

    地域内10箇所にあります。店舗によって営業日・時間が異なるため「直売所マップ」を必要に応じ差し上げています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1627
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志でアルパカを飼育する理由

    アメリカのコロラド州でアルパカ牧場を経営している方から、“山古志の復興と、日米友好のシンボルとして”平成21年11月に寄贈されました。 また、暑いところが苦手なアルパカは、涼しい場所での飼育が適しているため、山古志で飼育されています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:325
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 古志の火まつり

    期日:3月初旬 場所:山古志種苧原 四季の里古志周辺 内容:さいの神、子ども広場、ステージショー、物販等 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1624
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 山古志地域の観光パンフレット

    市民センター、市役所、山古志支所にあります。また、ホームページからもデータをダウンロードできます。 参考ページ 山古志地域パンフレット ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:1615
    • 公開日時:2019/04/01 00:00
  • 災害メモリアル拠点の概要

    災害の記憶と教訓を正確に伝え、防災や危機管理に関する学習や研究、住民の防災意識の向上などに役立てるとともに、特徴的な被災場所を犠牲者の慰霊や防災の大切さを実感する場として、また学習・研究、さらに地域振興の施設として活用することを目的とするものです。 4つの拠点施設と3つのメモリアルパークが整備されています。 ... 詳細表示

    • No:331
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 中越メモリアル回廊の概要

    「中越メモリアル回廊」とは、中越大震災のメモリアル拠点を結び、被災地である中越地域をそのまま情報の保管庫とする試みです。 メモリアル拠点を巡ることで、震災の記憶と復興の軌跡にふれることができます。 長岡市内のメモリアル拠点施設と公園は次のとおりです。 ・長岡震災アーカイブセンターきおくみらい ・川口きずな... 詳細表示

    • No:329
    • 公開日時:2018/04/01 00:00
    • 更新日時:2019/03/21 16:49
  • アルパカの飼育効果

    可愛いアルパカは見ているだけでも癒されますが、アルパカの毛はとても品質が良いため、マフラーやぬいぐるみなどに活用されています。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:323
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • アルパカ牧場の見学料

    アルパカ牧場へ行けば、無料で見ることができます。 ただし、冬期間は室内で飼育されるため見学はできません。 参考ページ ■このページの内容に関するお問い合わせはこちらから 詳細表示

    • No:322
    • 公開日時:2017/04/01 08:30
  • 天皇両陛下の歌碑の場所

    平成20年9月に、天皇皇后両陛下が山古志地域を御視察された際に詠まれた御製・御歌は、山古志闘牛場(山古志南平乙960番地)に設置されています。 また、平成16年11月に、天皇陛下が山古志地域を御視察された際に詠まれた御製は、市営竹沢団地住宅地内に設置されています。 参考ページ ■このページの内容に関する... 詳細表示

    • No:321
    • 公開日時:2017/04/01 08:30

30件中 1 - 10 件を表示

このサイトにかかるすべての著作権は長岡市に帰属します